函館から青森深浦

      2016/05/23

  2009年6月の記録
 函館の、夜景は函館山から見なくても、フェリーの上からでも充分楽しめます

実際に行けなかったので、悔しさが半分有りますけどね。

一般道で五所川原から深浦 

 北海道一周旅からの帰り道に高速道路で帰るのも味気ないので、青森市から五所川原方面に出て、鯵ヶ沢経由で、深浦に出て深浦の道の駅「ふかうら」で、夜間休憩をします。
鰺ヶ沢
 五所川原の公園で、散歩休憩したり、鯵ヶ沢のイカ焼きを食べたりしながら深浦方面に向かいます、 途中に観光スポットを発見しましたので、記念撮影して暫し休憩します。
 
 
2009_0620
2009_06202
2009_06203

道の駅ふかうら

 道の駅に到着して、早速ワン達の散歩と付近の探索をします、こちらの道駅は、夏は海水浴とキャンプ場が隣接して有り、お子さん連れで来ると良い所だと思います、潮が引くと、遠浅な岩礁地帯ですので、岩場の足場が良く滑らないのでさほどの危険は感じませんでした、運よく到着時は、干潮だったので、海の先の方まで、靴で歩行きました。

遠浅の海 

 ワン達も、もちろん一緒です靴のまま濡れないで、行けるところまで行くと、一人の高年男性が、ビニール袋とマイナスドライバーを手に持って何かを採っている様子ですので近づいてみると、巻貝を採っていました。
貝をその場で生食 
(巻貝と言っても平べったくて岩に張り付いている白っぽい色の貝)
 早速、お話を伺うと、晩酌のおつまみにするとの事でした、生でも食べられると、言いながら、1つその場で、剥いて食べさせて頂きました、海水の塩分と貝の旨みがマッチして磯の香と潮の恵みが口の中で、巡って鼻に抜ける、この風味は絶品としか言えません、そして、あまりの美味さに褒めちぎると続けてあと2つ剥いてくれました、貴重な体験をさせて頂きました。
 
自家消費程度は漁業権不要
 その方曰く、本来は漁業権がないので採取できないが、おつまみ程度なら、全く問題はないとの事でした、僕も真似して取ろうかなと、我がキャンピングカーに、マイナスドライバーと袋を取りに行ったのですが、高年男性とお話が、少々長引いてしまいまして、すでに遅し靴では無理です遭難しますよ。
 
 まぁ、少量食べるから美味しいのです、大量に食べたら、ありがたみが薄れますからね。
 
 現地でなければ有り得ない、これぞまさしく旅の醍醐味だ
 
 諦めて、道の駅の販売所にて、サザエのむき身塩味付けと、ウニ、生水タコを購入して、ワインのお供としました。

スポンサーリンク

 - 日本一周東北編