和歌山県紀宝町滞在

      2016/05/22

道の駅「紀宝町ウミガメ公園」

  2011年11月の記録
 道の駅「紀宝町ウミガメ公園」で目覚めて、いつものようにワン達の散歩を、します。

ミカンと海

 昨日から、滞在しているので付近の風景は、少々わかってきました、海とミカンの木の山々、12月初旬だと言うのに、紅葉の最中です、僕の地元だともう紅葉も終わり、行く秋を惜しむかのように、落ち葉が寒風に舞っています、冬が訪れていると言って間違いありませんが、この地は、まだ秋の真っただ中ですね。
 
この地を終の棲家
 老後(今はすでに老人ですが)は、このような温暖な気候の地方に住めたら良いですね。
 
道の駅レストランで朝食
 腹の具合が、やや落ち着き出しましたので、道の駅のレストランで朝食を頂くことにします、割と朝の営業開始時間が早くて、安価で提供されるメニューは地元の食材を使った郷土料理があります、早速注文してゆっくりと頂きます、朝から至福のひと時と地元産の食材を同時に味わいました。
 
道の駅でゆったり
 食後は、ウミガメの水槽を、観察したり駅内を、ゆったりと散歩します、昨日は、昼頃の到着だったので、解らなかったのですが、地元のミカン栽培農家の方達が道の駅にミカンを出荷しに来ていました、味は昨日小袋に入りのミカンを購入して味見していましたので解っておりました、近づいて値段を見てビックリです、大きなビニール袋(通常の10kgミカン用段ボール箱)ぐらい入っていて、なんと1000円ですよ。
 
安価なミカンを購入
 これは絶対買いでしょう、次は何袋購入するかです入りきれないと購入しても持ち帰れませんからね、まごまごしていて売り切れたら大変ですから、まずは2袋購入してから、旅行中に乱雑になった車内の整理を始めますが、奈良県の道の駅「大和路へぐり」にてこの旅3日目にして、1.2mもの大きなキンカンが旅の仲間入りしていますから、このキンカンが無ければ綺麗に、収まりそうなんですが、助手席には置けそうもないし、ずっと同じ場所に、置くしかあしません、ミカンの置き場所ですが、助手席の足元のスぺースが丁度よさそうですが、寒い地元ではヒーターが必要になりますから、折角のフレッシュミカンが痛んでしまいますからね、各道の駅で購入したお土産をなんとか助手席の足元に収めて購入したミカンはベット下収納に収めたので極端に暑くなることはないでしょう、後一袋分のミカン置き場のスペースを確保しましたので、購入しに店頭の販売所に行きました、すると普段から運が良くなくてこういう時は必ずと言っていいほど売り切れなんですがね、ジャストタイミングですラスト1でした、最後のミカンは、室温の影響を受けやすいので旅行中の水分補給に役立てることにして、早めに食べます。
今夜も滞在 
 こんな事をしているうちに、すっかり時間が経ち今出発しないと、今夜もこちらにお世話になることになってしまいますからね、ウミガメ公園に別れを告げて、この地方に折角来たのですから「熊野古道」を散歩しなくてはね道の駅の優しい店員さんに、一番近くてあまり山奥まで歩かなくても容易に行ける場所の情報を頂きましたので、これが今日の唯一ミッションになります。

熊野古道 

  詳しい場所が、記憶にありませんが、広い道で集落のあるところまで行けました、集落の公民館の前が広くなっている路肩が有りましたのでそこに駐車して、二百メートル程度の山道を、登ると熊野古道に出ました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 石が引き詰めて有りますが、少々歩きづらいですね、やはりこの地に来たら、この歌しかありませんよね、水森かおりさんの、熊野古道をね
 ♪列車を何度も乗り継いでぇ♬熊野古道を峠越えぇ♬・・・♪足を取られる木の根道ぃ♬
 誰もいないので、気兼ねなく歌えました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 頂上付近までは、まだまだありますが、途中で休憩します、キャバリアキングチャールズスパニエルの老犬ちゃちゃは、歩きませんので抱っこしての、登頂は大変な負担です。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 見ただけで気が遠くなりますね、断念しました人間は諦めが肝心ですからね。
 熊野古道は水分補給必須
 失敗しました、水を持ってきていません、我がキャンピングカーに早々に戻り先ほど道の駅で購入した、フレッシュミカンを食べて水分補給しました、役に立ちましたね、こんなにミカンが美味しいと思ったことは、人生の中で経験が無かったかもしれません、付近には飲料水の自動販売機が有りませんから、命の水に思えました、道の駅付近のミカン農家の皆さんに感謝ですね、次回紀伊半島に来る時はこの季節に合わせてまた来ますからね。
 
ミカンで水分補給
 フレッシュミカンで、満腹になるほどの水分補給をして、暫し体を労わり体力回復するまでの間、車内のベットで横たわりました、フレッシュミカンを食べ過ぎて動けません。
 

かんぽの宿で温泉入浴

 そして、満腹の度合いが薄らいでから、昨日も利用しました、「かんぽの宿熊野で入浴しました。

ウミガメ公園連泊 

 食べ過ぎ飲み過ぎは、いけません昨日から腹の具合が悪いことを、忘れていたようです、また不調になり道の駅「ウミガメ公園」に再訪して、療養することにしました、昨晩に引き続き今夜も夜間休憩をさせて頂きます。

スポンサーリンク

 - 日本一周中部近畿北陸編 ,