大陸製HIDの雨漏り対策

      2016/11/26

hid雨漏り対策

  2012年6月大陸製HIDシリーズはまだ続きます。
 梅雨入りして解ったのですが、フォグランプのレンズ内側に水滴が、しかもこう少しで水滴が崩壊して、ランプの中に貯まる寸前まですよ。

寒い時期は乾燥

 まだ寒い時期、乾燥した季節に装着したので、全く気づきませんでした、少々水分が侵入しても、ランプ内の温度が上昇して水蒸気になりやがては、オーリングの隙間から、出て行っていたのではないかと思います。
検索ヒットなし
 そこで、インターネットの出番です、調べればすぐ出てくると、思っていましたが、いくら探しても、ヒットしません、諦めてH4Bバーナーを外しました、原因究明と対策は、マイセルフがモットーですからね。
 
寸法計測
 廉価版のH4Bのバーナーを外して、純正ハロゲンと寸法をノギスで測りくらべましたらなんとオーリングが0.5mm程小さくて台座からオーリングまでの寸法が、2mm短いのを発見フォグの口金がテーパーの為短いと隙間が多くなるそれが主因のようです。
価格以上の廉価版
 しかし、1990円でこんなに頑張っているのを見ていますから、腹が立つなんと言う事はまるでありません、いたって愛おしく思うくらいです、ですから直してあげたいのです。
オーリング交換を試みる
 ハロゲンランプのオーリングと交換しようと試みましたが、爪と指の力では、到底叶いません、ラジオペンチで、思い切って引っ張ったら、ちぎれるのが目に見えていますから、困りましたが諦めるのはまだ早い、突然閃きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シールテープでシール
 水道や、ガス管のねじ込み部分に巻くシリコーン製の「シールテープをオーリングの上に巻く」です、バーナーを挿入する時は、ほど良いきつさです、抜くときには、「ポン」と良い音がする、高密着度になりました。

追加作業

 そして、弄りついでに 

H4.Lo.Hi55W仕様のバラストを35W仕様に変更してみました、入力電流は55Wが安定時4.3A.35Wが2.8Aでした。

55Wは13.8V×4.2A=57.96W 効率考えたら40W後半
35Wは1.38V×2.8A=38.64W 効率考えたら30W程度

国産品のと比べたらかわいそうな数字ですが、金額から考えたら比べてはいけませんがね
出力を下げると色温度は上がり(青色)画像は、運転席側のみ35W
見た目は色温度4300ケルビンから5000ケルビンに変化省エネになったと喜んで夜間走行しました。

見事に大外れです、色温度が上がったのと出力が低下したのが、相まって、暗くて走行は、危険なので後日、元に戻しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ノイズ対策が施されていない商品がある

 後日談です、その後PIAAに変更して、しまったので大陸製のHIDはフォグランプのみになりましたが、ノイズ対策していない1990円のH4Bのバラストの使用は中止して8000円のバラストを使用しましたバーナーは、未だに切れたことは、有りません夜間は、ほぼ点けておりますから、非常に大当たりのバーナーだと思います、巷の噂では、半年程度で切れると言われています、8000円のバラストは、3年使用して一個壊れました、ですから退勤時はラジオノイズ対策の為、フォグランプは使用停止しております。
   今日の教訓
 大陸製を擁護するわけでは有りませんが、確かな情報を配信していないサイトが
横行していると感じます、立派なサイトでも実際に実験した結果を発信していると
は限りません何事も経験が大事ですからね。

スポンサーリンク

 - 改造記録 ,