沼田城址と白井宿

      2016/04/27

  2015年6月
  2日から4日まで、2泊3日の車中泊行った来ました。

 群馬県川場村へ向けて出発

 9時半ごろ自宅を出発します、北関東道真岡インターチェンジより西へ向けて、関越道沼田インターチェンジに昼前に到着しました、川場村の道の駅「川場田園プラザ」を目指しました。
 昼時とあって、かなりの混雑の中でピザを注文して屋外テーブルで、まぁこと頂きました、その後、暫し道の駅の広い敷地内を、散歩しながら探索をします。
 広い公園も隣接して有り、一日中遊ぶことが出来ますね。
 その後、SLホテルの温泉に行きましたが、あいにく定休でした、残念でしたが、気を取り直して移動します。
 以前にも来ましたが、沼田市の道の駅「白沢」に移動しました、こちらの道の駅は、温泉付きです、露店風呂からの眺めが、リバービュー並び、オーシャンビューで最高です、まるで天空の温泉で下界を眺める仙人になった気分です。
 

 沼田城探索

 006-2
 レトロな、建物の前で記念撮影しました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 発掘された石垣を見つめるまぁこ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 本丸南の、石垣の前で休憩です、雨でびしょ濡れの、まぁこ
 そして、沼田を後にして、17号線を南下して、渋川市の道の駅「こもち白井宿」へ到着です。

 白井宿と白井城址

 ここにも、城跡があります、白井城址です、まずは古い町並み白井宿を散策します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 井戸がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 本丸に到着
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 東側の城郭
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 あまりにも、一日中歩き続けたので疲れ気味のまぁこ、水飲んで、くつろぎます。

 道の駅こもちは、道の駅運営の日帰り天然温泉が近くに有り

 この道の駅は温泉併設ではありませんが、約200の所に道の駅運営の、日帰り温泉施設が、あり大変便利です、しかも料金大人1時間250円で入浴できます。
 温泉の受付の方に尋ねててみました、なぜこもちなのか、元は子持村だったそうでそれで名前が残ったとのことです、以前は村営の温泉施設だったそうです
 勿体ないですよね、道の駅にパンフレットなどの資料を置けばもっと利用客が増えるのではないでしょうかと尋ねると、「あれまぁパンフレット切らしてましたか、補充しときます」だそうです。
 その日は、こちらの道の駅で夜間休憩をして、駅内の販売店で茹でうどんを沢山購入します、中でも端切れのうどんが安価で購入できます、朝一番でないとすぐに売り切れるので、朝一番が狙い目です、めでたく購入できましたので、帰宅しました。 

スポンサーリンク

 - 日本一周関東甲信越