羽幌から猿払

      2016/07/05

 

 2009年6月9日.10日

羽幌温泉サンセットプラザ

 まだ、羽幌温泉サンセットプラザの余韻にしてっておるkazuです。
 サンセットビューのレストランで、三島物語御膳に、舌鼓を打ちながら、
こんなに幸せで、良いのだろうか、なんて思いながら、加山諭三さんの、
歌を鼻息交じりで口ずさみました
  「二人をぉ♬夕闇が♬♬♪包むぅ♪♫この窓辺に♪♪明日も素晴らしい♪♫幸せが
   来るだろぉ・・・」
  「幸せだなぁ僕は、君と居るときが一番幸せなんだぁ・・・」
愚妻「聞こえてるわよもうやめなさいよ~」
  「君のぉ瞳が♪♫星と輝きぃ♪♫」
愚妻がこの、後あきれ顔で、見ないふりしたことは、言うまでもありませんが。
 そんな、時間はあっという間過ぎてゆくのです、現実に戻り、ホテルサンセットプラザのサンセットビューレストランを、後にしました、就寝前に、長いこと待たせて居たワン達の散歩をして、就寝しました。
 目覚めると、当然朝でした、ワン達の、散歩を兼ねて付近の散策します。

旅人にご挨拶

 広い公園を、昨日の、残りを醒ますがごとく、多めに散歩しました、そして我がキャンピングカーに戻ると昨日、車宿泊された方々が、朝食の用意をされている最中でした、挨拶をしながら、この道の駅なぼろのお話や、今後の工程や見どころなどの会話に花が咲き、中々我が車に戻ることができませんでした。
 北の大地で3泊目にして、初の道の駅泊だったんですよね、旅人と会話したのが初だったのです。

オロロンライン北上

 そして、4日目の幕開けです、オロロンラインを北上します、昨日に続きオロロンライン良いなぁオロロンラインいつまでも限りなく、この道が続かないかぁなんて思いながら、ステアリングを握る僕です、それから稚内に到着します、人気の少ないところを進んできましたので、北の果てに、こんなに開けた町と人並みに驚きました。
 そして、街中には必ずあるファミレスで、昼食をとりました、更に最北端を目指します海岸沿いに、昆布かな海藻が、沢山浮かんでいましたが、横目で見ながら、進みます。

最北端の地

 遂に来ました、日本最北端の地、宗谷岬です暫し最果て感に浸ります。
p45
 ワン達と最北端の地で記念撮影をします。

宗谷岬公園

 それから、宗谷岬公園で、ワン達の散歩しながら、高台の見晴らしの良い所で、海峡を眺めながら暫し、複雑な思いをしたことを、未だに覚えております。

オホーツクライン南下

 それから、オホーツクラインで南下しま、オロロンラインがあまりにも良かったので、今一、気乗りしない僕ですが、今夜の宿になる、道の駅「さるふつ公園」に到着しました、ャンプ場と牧場隣接、そして温泉併設の道の駅です。

スポンサーリンク

 - 日本一周北海道編