安房神社(あわじんじゃ)「千葉県館山市」

   

千葉県館山市大神宮の安房神社の紹介です。

安房神社(あわじんじゃ)

館山市は、房総半島の南西部にあり、内房から山間部まで広い地域にまたがります。

安房神社は、房総半島の先端に近い位置にあり、国道410号から半島最先端手前の山際に立地します。

神話時代に阿波地方から渡ってきた忌部氏(いんべうじ)による創建と言われています。安房の国名や社名の由来は、この阿波忌部が起源と言われています。

鳥居

安房神社鳥居

安房神社鳥居

拝殿

安房神社拝殿

安房神社拝殿

現在の拝殿は、西暦1977年(昭和52年)の建造で鉄筋コンクリート造りです。

本殿

安房神社本殿

安房神社本殿

 

現在の本殿は、西暦1881年(明治14年)の建造です。

案内板

安房神社案内板

安房神社案内板

安房神社データ

所在地千葉県館山市大神宮589
電話0470-28-0034
称号安房神社
千葉県指定文化財安房神社洞窟遺跡
館山市指定文化財双鳥花草文八陵鏡・双鳥花草文円鏡(工芸品)
館山市指定文化財安房神社高坏
館山市指定文化財狛犬・燧筐・木椀 4点

スポンサーリンク

 - 歴史探訪 ,