日本一えびす様大前恵比寿神社と五行川源流

      2016/12/30

大前恵比寿神社

金運招福祈願、商売繁盛祈願、健康長寿祈願、災難厄除祈願で最近話題になっている、日本一えびすの大前恵比寿神社に寄って、宝くじが当たると言われるので当ブログをご覧の皆様の金運をお願いしました。大前と書いておおさきと読みます。

大前恵比寿神社参道

大前恵比寿神社参道

大前恵比寿神社恵比寿様

大前恵比寿神社えびす様

大前恵比寿神社境内

大前恵比寿神社境内

大前恵比寿神社データ

所在地栃木県真岡市東郷943
電話0285-84-2200
称号大前恵比寿神社
駐車場あり
トイレあり

真岡市内の五行川を北上

本日は、栃木県真岡市の大前恵比寿神社からスタートして神社のすぐ脇を流れる五行川の源流まで、スクーターdioでツーリングに行って来ました。

真岡鐵道五行川西側

真岡鐵道五行川西側

真岡鐵道五行川鉄橋

真岡鐵道五行川鉄橋

真岡鐵道の鉄橋

とり鉄はマナーをわきまえよう で紹介しました、小貝川に架かる鉄橋と同じ様な鉄橋が五行川に架かって居ますそこが話題になっている、迷惑とり鉄が集まる所です。

話題の鉄橋隣の踏切を越えて源流に向けて進めます、小貝川と少々違い堤防沿いにサイクリングロードが有り反対側は未舗装ですから、堤防沿いに走行するのは出来ません。

五行川と野元川の合流

付きつ離れずの繰り返しは、時間ばかり過ぎて中々思うように進みませんでした農道を走り、行き止まりの道で引き返したり、民家の門道に迷い込んだり散々なめに合いますが、野元川と五行川の合流点に出ました。

五行川と野元川合流

五行川と野元川合流

五行川と野元川

五行川と野元川

本日、2回目の小休止です。

芳賀町

更に上流の目指すと、芳賀町に入ります国道125号小さな公園が有りました。ロマンの碑があり堤防の法面に壁画が有りました。

ロマンの碑

ロマンの碑

道の駅はが

そこから少々上流に、道の駅はがこちらの道の駅は、温泉併設の道の駅で五行川沿いにロマンの湯が有ります。すぐ近くに吊り橋が架かり歩行者を自動感知して童謡が流れます、面白がって何度も繰り返し感知させて音楽を聴きました。

道の駅はが吊り橋

道の駅はが吊り橋

そして道の駅内も探索しましたが、生憎今日は水曜日で定休日でしたので、メンテナンスの作業員しか居ませんでした。

道の駅はが定休日

道の駅はが定休日

蓮の花が、少しですが咲いていました。

道の駅はが蓮の花

道の駅はが蓮の花

高根沢町

更に上流に進めます、ついに芳賀町を抜けて高根沢町に入りました。

キリンビール跡地付近

キリンビール跡地付近

キリンビールの跡地付近で記念撮影しました、まだ川幅は十分に広さを保って居ます。

JR烏山線の踏切付近

JR烏山線の踏切付近

JR烏山線の踏切付近で記念撮影しました、この付近は堤防沿いに舗装された道路が有りますが、農作業ようの道路でしょうか、軽トラックぐらいしか走行できそうに有りません、バイクツーリングでしか走行できませんね。

花岡の北

花岡の北

更に、上流で記念撮影しました、まだ川幅は広いですね。

その後、堤防のサイクルロード迂回して、川から大きく離れてしまい川を見失うしまつ、ですが最終地点は解っていますので、無理に近づかないで、一気に目的地まで行きました。北の空の雲の色が、真っ黒で何時降り出すか解りませんから、間違えて丁度良かったかもしれません、ポジティブでしょ。

さくら市

さくら市のさくら市立押上小学校の民家を挟んで南の用水堀が源流だそうです。

五行川水源地案内板

五行川水源地案内板

五行川源流

五行川源流

源流の案内板が有りました、正に五行川源流です。案内板に依りますと、伏流水のようです。

帰りにリベンジしようと、旧氏家町の繁華街を流れて南の田んぼを流れ下るはずですから、言ってみたのですが、何とも土地勘がずれているので、街中から抜けるのがやっとでした、残念ですが南下する事にしました。

あとがき

この記事を前編、日本一えびす様大前恵比寿神社と五行川源流とします。

後編は、バイク神社の安住神社と社野元川源流にします。

 

スポンサーリンク

 - dioツーリング, 歴史探訪