鶏足寺(けいそくじ)と鶏足寺山門「栃木県益子町」

   

鶏足寺山門

鶏足寺山門

栃木県芳賀郡益子町の鶏足寺と鶏足寺山門の紹介です。

鶏足寺

益子町は、益子焼で有名な町、その中心市街地の栃木県道44号足利銀行益子支店の角を、東に向かい突き当たり付近にあります。

鶏足寺は、山本城主高塩伊勢守が、1522年に建立したと伝えられています。
七堂伽藍が、創建当時は揃っていたそうです、禅宗寺院(曹洞宗)として栄えたそうです。
1911年の火災で山門を残して、その他は全焼してしまいました、伝書などの書類はも現存してないそうです。
山門以外の建造物は、それ以降の建立だそうです。

鶏足寺本堂

鶏足寺本堂

鶏足寺本堂の正面で撮影しました。

鶏足寺大覚殿

鶏足寺大覚殿

大覚殿という建物がありました、こちらのお寺は禅宗ですから、座禅堂です。
お灸の寺となっていますから、こちらでお灸を据えたのでしょうか。

鶏足寺データ

所在地栃木県芳賀郡益子町益子962
電話0285-72-2200
称号鶏足寺
山号太平山
宗派曹洞宗
鶏足寺山門益子町指定文化財
駐車場あり
トイレあり

関連記事

山本古城跡と光明寺薬師堂

秋の益子焼陶器市2016開催案内「栃木県益子町」

スポンサーリンク

 - 歴史探訪