光明寺城跡(光明寺)「栃木県栃木市都賀町」

   

栃木県栃木市都賀町家中の、光明寺城(光明寺)の紹介です。

光明寺城(光明寺)

北関東自動車道の都賀インターチェンジの南にあり、東武日光線の家中駅入り口の県道295号を、約1km東の通り沿いに立地します。

概要

二重方形館の主郭部分が、光明寺境内に残ります、外郭部の西側は小学校の敷地となり失われています。

本郭は東西55m、南北79mで高さ4mほどある重厚な土塁に囲まれて残り、綺麗に整備されています。

周囲は水堀であったようですが、現在は空堀になっています、北側の西半分と西側のみが残っています。

外郭は東西120m、南北175mの規模であったが、有ったと言われています。
現在は、堀は完全になくなり、跡が畑として利用されています。

西暦1555年~1557年(弘治1年~3年)に、宇都宮氏家臣の細井駿河守光明が築城しましたが、西暦1560年(永禄3年)壬生氏に攻め落とされたと言われています。

細井光明の菩提を弔うために、建立されたのが光明寺と言われています。

光明寺城土塁

光明寺城本格南西の土塁、山門の左側になります。

光明寺城本格南西の土塁

 

光明寺城本格西側の土塁

奥に栃木市立家中小学校の校舎が見えます。南から北方向を撮影しています。

光明寺城本格北側の土塁

西から、東方向を撮影しています。

光明寺城本格東側の土塁

東面の南から北方向を撮影しています。

光明寺石碑

都賀町光明寺石碑1

山門

都賀町光明寺山門

本堂

都賀町光明寺本堂

鐘楼

都賀町光明寺鐘楼

光明寺データ

所在地栃木県栃木市都賀町家中2726
電話0282-27-6334
称号光明寺
宗派真言宗
駐車場あり

スポンサーリンク

 - 歴史探訪 ,