壬生家菩提寺の常楽寺「栃木県壬生町」

      2017/04/14

栃木県下都賀郡壬生町の壬生家菩提寺の常楽寺の紹介です。

壬生家菩提寺の常楽寺

壬生氏の城の壬生城祉公園から、北北東方向にあります。城址公園に駐車して歩いて行ける距離(約200m)ですから、公園駐車場を利用しての拝観をお勧めします。(常楽寺境内に駐車場が完備されています。)

 

向陽山 常樂寺 由緒

創建は西暦1462年(寛正3年)、壬生家初代の壬生胤業(みぶたねなり)が開基とされています。
一州正伊禅師(道元禅師から十世の法孫)を招いて開山したのが始まり言われています。
胤業の戒名「常楽寺殿亀雲道鑑大居士」に因み、常楽寺と名付けられました。それ以来、壬生家の菩提寺として、庇護されて境内には七堂伽藍が造営され、寺領26石が安堵されました。
壬生氏は古くから宇都宮家に従っていましたが、独立を画策した為に小田原の北條氏方と結び、西暦1590年(天正18年)の小田原の戦いで、当時の壬生義雄(みぶよしたけ)酒匂川で戦死しました。壬生義雄は戦死の後、領地を取り上げられ壬生家宗家は滅亡、常楽寺は庇護者を失い一時衰退しました。
しかし、、その後も壬生氏旧家臣や歴代壬生城主に庇護されます。
西暦1712年(正徳2年)に徳川幕府の命を受けた、鳥居忠英が3万石で壬生藩に入封すると常楽寺が菩提寺として定められました。
その後は、鳥居家歴代の菩提寺として庇護されて、隆盛しています。
西暦1840年(天保11年)、玄昌の解剖を元に高倉東湖が描いた「解体正図」は壬生町指定文化財が、壬生町指定史跡に指定されています。
現在の本堂は西暦1850年(嘉永3年)に再建されたものです。
寄棟、瓦葺、桁行6間、正面1間です。

常楽寺石碑

町壬生氏菩提寺常楽寺石碑

町壬生氏菩提寺常楽寺石碑

常楽山門

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺山門

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺山門

常楽寺山門

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺鐘楼

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺鐘楼

常楽寺本堂

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺本堂

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺本堂

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺本堂2

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺本堂2

常楽寺四季桜

常楽寺境内には、四季桜が満開の状態でした。

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺四季桜

壬生町壬生氏菩提寺常楽寺四季桜

2017.04.14追記

壬生町常楽寺山門と垂れさくら

向陽山 常楽寺データ

所在地 栃木県下都賀郡壬生町本丸1-1-30
電話0282-82-0225
称号向陽山 常樂寺(常楽寺)壬生家 鳥居家 菩提寺
宗派曹洞宗
本尊釈迦三尊、三日月尊
壬生町指定文化財解体正図
駐車場あり

関連記事 壬生城跡(壬生城址公園)「栃木県壬生町」

スポンサーリンク

 - 歴史探訪 , ,