道の駅あいづ 湯川・会津坂下利用記録情報「福島」

   

東北旅行の際に、福島県河沼郡湯川村の道の道の駅あいづ 湯川・会津坂下の、利用記録情報案内です。

道の駅あいづ湯川会津坂下

道の駅あいづ湯川会津坂下

道の駅あいづ 湯川・会津坂下

道の駅の所在地は、河沼郡湯川町ですが、坂下町阿賀川を挟んで自治体が異なります、両町のコラボレーションの道の駅になります。

国道49号沿いにあり、新潟方面からくると、坂下町の繁華街を抜けて、辺りに広がる田園地帯の真っ直中に立地します。

国道49号が道の駅前の信号機から、直角に南方向がに曲がる方が国道49号です、間違って、県道33号にを利用して、会津若松市の北側を通りました、高速道路を利用しなければ、国道49号に再度出られますから、行き先によりチョイスした方が良いです。

地元産の野菜が、安価で販売されていました、名物のソースカツ丼をレストランで提供されています(格安で)、甘めのソースがカツにたっぷりかけられていました、僕には少し濃いですが、愚妻は丁度良いといてましたので、お勧め出来ます。

利用回数と利用形態

昼間の利用で、初めて利用しました、その後複数回利用しました。

案内地図

 

施設情報

所在地 福島県河沼郡湯川村大字佐野目字五丁ノ目78番地1
電話 0241-27-8853
休館日 2月第3水曜日(定期メンタナンスのため)
開館時間 1/4~3/15  9:00~18:00
3/16~12/29 9:00~19:00
12/30~1/3 9:00~17:00

 

駐車場大型 11台 トイレ男女 42器 レストラン あり
駐車場普通 100台 イベント展示室 あり 物産販売 あり
車椅子駐車 3台 交流促進施設 あり 道路情報 あり

 

道の駅「あいづ 湯川・会津坂下」は、一般国道49号に接し、会津盆地の中心で、飯豊連峰や磐梯山を眺望できる他、周囲を水田や川に囲まれるなど年間を通して四季を感じる風光明媚なロケーションにある大型休憩施設です。
また、仏都会津と言わしめるほど奈良・平安時代から続く長い歴史を有する地であるほか、馬肉や会津の伝統野菜など古くからの食文化が根付く地域であることを積極的に発信し、地域振興に繋げます。

 

周辺施設

糸桜里の湯ばんげ(坂下町の日帰り温泉)

津尻温泉滝の湯(坂下町の日帰り温泉)

勝常寺

亀ヶ森・鎮守森古墳

杉の糸桜

 

 

スポンサーリンク

 - 利用道の駅東北