道の駅いいでめざみの里観光物産館利用記録「山形」

   

東北旅行の際に、山形県西置賜郡飯豊町の道の駅いいで めざみの里観光物産館、の利用記録情報案内です。

道の駅いいで めざみの里観光物産館

飯豊町は、白い森おぐにと同じく新潟県村上市と 山形県東置賜郡川西町を結ぶ、県境の峠越えの山形県側の国道113号沿いにあり、太平洋と日本海のほぼ中央に立地し霊峰飯豊山の麓です。

米や酪農が盛んな町だそうです。

道の駅白い森おぐにで休憩してから、通り沿いにある道の駅は、必ず立ち寄ります、ワン達の散歩をしながら付近を探索しました。

利用回数と利用形態

昼間の利用で、複数回利用しました。

案内地図

施設情報

所在地山形県西置賜郡飯豊町大字松原1898
電話0238-86-3939
休館日12月31日~1月1日、1月5日 冬期間不定休
開館時間売店9:00~18:00レストラン11:00~18:00
駐車場大型15台トイレ女16器レストランあり
駐車場普通204台トイレ男大7器物産販売あり
車椅子駐車6台トイレ男小18器道路情報あり

 

 

飯豊町は古くから山形と新潟を結ぶ「越後街道」があり、現在では日本海(新潟)と太平洋(仙台)を結ぶ国道113号線の中間に位置し、霊峰飯豊山のふもとの町です。
飯豊町は農業を中心とした町で、おいしいお米と、全国的にも有名な「米沢牛」の基にもなった「飯豊牛」の産地です。また、磐梯朝日国立公園の主要な峰である飯豊連峰から流れ出る白川は、山形県の母なる川「最上川」の源流として豊かな自然が広がっています。
平成5年度に行われた第一回美しい日本のむら景観コンテストにおいて、生産部門で最高賞である農林水産大臣賞を受賞した、田園散居集落の美しい風景の広がる町です。
道の駅「いいで」では、飯豊町のいろんな情報を提供するとともに物産館も併設し、飯豊町の特産品をはじめ周辺市町村の特産品も展示販売いたします。
レストランでは飯豊牛や、山菜やきのこなどの山の恵みをはじめとする地元の素材を活かした料理を楽しめます。
おいでいただいた方に、飯豊町をもっと知っていただくため、「音楽の樹」「五穀豊饒の樹」「アメニティの樹」の三つの樹で紹介するテーマ館も設置されています。
国道113号線を走行されましたら、ぜひお立ち寄りいただき飯豊町の自然と味をお楽しみいただきたいと思います。皆様のおいでをお待ちしております。

 

周辺施設

がまの湯温泉(日帰り入浴化)

いいでどんでん平ゆり園

白川ダム湖岸公園

源流の森

 

 

 

スポンサーリンク

 - 利用道の駅東北