道の駅加治川さくらの里利用記録情報「新潟」

   

新潟方面旅行の際に、新潟県発田市(加治川村)の道の駅加治川さくらの里の、利用記録情報案内です。

道の駅加治川さくらの里

休暇時川村の羽越本線と平行に走る国道7号沿いにあり、日本一小さな櫛形山脈が出迎えます、駅の愛称にもなっている「さくら」自生の山さくらが群生しています、それが国の天然記念物指定されています。

また、植樹された桜が、堤防や公園などに春には、美しい花を咲かせ、楽しむことが出来ます。

山と海の間に国道と鉄道があり、山を楽しみ海も両方楽しめる、拠点にできます、海は紫雲寺記念公園の海岸がお勧めです。

利用回数と利用形態

昼間の利用で、初めて利用しました、後に複数回利用しました。

案内地図

施設情報

所在地新潟県新発田市横岡1147(旧:加治川村)
電話0254-33-3175
休館日物産販売店 第3木曜日
レストラン 第3木曜日 
開館時間物産館ほか9:0018:00
レストラン9:00~18:00
駐車場大型9台トイレ女7器レストランあり
駐車場普通39台トイレ男大4器物産販売あり
車椅子駐車3台トイレ男小8器 観光案内所あり

 

「道の駅・加治川」は、北緯38度線と国道7号が交差する地点にあります。ドライバーを迎えるのが38度線モニュメント「無限の大地」。地球をイメージした球体を横切るラインは、北緯38度線と合致。大地にしっかり据えられた4mの角柱は、上昇する力を表し、台座には「和」を意味するサークルが彫ってあります。
駅では、地場産農畜産物や特産品などを購入することができます 。

 

周辺施設

新発田温泉あやめの湯

日帰り温泉ほうずきの里

共同浴場美人の泉

大峰山橡平の桜樹林

紫雲寺記念公園(海浜公園)

スポンサーリンク

 - 利用道の駅関東甲信越