道の駅くりもと紅小町の郷利用記録情報「千葉」

   

千葉県香取市沢(旧栗源町)の、道の駅くりもと紅小町の郷、の利用記録情報案内です。

道の駅くりもと紅小町の郷

香取市は、千葉県の北部にあり、利根川の南部で、水と大地の恵みの街です。

道の駅くりもとは、香取市の南部にあり、長閑な農地に囲まれた地域に立地します。

農業体験が出来る道の駅とアピールしています。芋掘り(さつまいも、ジャガイモ)体験、稲刈り体験、木工教室、ブルーベリージャム教室、米粉パン作り教室などを季節ごとに催しています。この季節はたくあん作り(たくあん漬け)教室が始まりました。

旧栗源町は、開拓者が入植し切り開いた「開墾地」が多く、やせた土地でも育つサツマイモの栽培が盛んに行われたそうです。
昭和43年に千葉県農業改良普及所から新品種の「紅小町」が栗源町に持ち込まれて、試験栽培が始まりました。
紅小町は、見た目が鮮やかな紅色。ホクホクした食感で、筋っぽさが無くて焼き芋にすると絶品だそうです。

道の駅のサブタイトルになった紅小町の郷となりました。

道の駅くりもと

道の駅くりもと

道の駅くりもと

道の駅くりもと

直売所の入り口に、めだかが販売されていました。道の駅で販売されているのを、見たのはこれで2回目です。1度目は、埼玉県の道の駅きたかわべ利用記録情報「埼玉」 でした。

道の駅くりもとめだか販売中

道の駅くりもとめだか販売中

地元産の紅小町をはじめ野菜と、果実が販売されていました。

道の駅くりもと直売所

道の駅くりもと直売所

かくれ卵塔と言う史跡が、道の駅敷地内(第1駐車場と第2駐車場の間)にありました。

関連記事 千葉旅2016多古町から帰宅

道の駅くりもとの遺跡

道の駅くりもとの遺跡

利用回数と利用形態

昼間の利用で、初めて利用しました。

案内地図

施設情報

所在地 千葉県香取市沢1372-1
電話 0478-70-5151
休館日 12月31日~1月1日
開館時間 特産販売所  9:00~18:00
レストラン 11:00~17:00
花・植木センター 9:00~16:00
駐車場大型 15台 トイレ女 9器 物産品販売所 あり
駐車場普通 86台 トイレ男大小 12器 レストラン あり
車椅子駐車 1台 道路情報 あり  観光情報 あり

周辺情報

美人の湯カーニバルヒルズ

浅間台スポーツランド

スポンサーリンク

 - 利用道の駅関東甲信越