道の駅村山村山市故里交流施設利用記録情報「山形」

      2016/08/17

東北旅行の際に、山形県村山市の道の駅村山村山市故里交流施、の利用記録情報案内です。

道の駅村山村山市故里交流施

村山市は山形県のほぼ中央に位置して国道13号沿いにあり、江戸時代には羽州街道の宿場として栄えました。

江戸時代は、最上川舟運輸が盛んに行われた、要所であったそうです、現在は高速道路が開通していませんから、国道13号は交通量が多めです、その中にある道の駅は、来客が多いですが、後々どうなるのでしょうか。

 

レストランでは、地元野菜をふんだんに使用した、料理が頂けました。(ビュッフェとバイキングは似ていますが本来は違いますがね)

国道を跨いで両側に、駐車場がありますから、出入りは比較的楽に行えます。(歩道橋を渡らなくてはなりませんがね)

施設案内

利用回数と利用形態

昼間の利用で、複数回利用しました。

案内地図

施設情報

所在地山形県村山市大字楯岡7635-1
電話0233-55-7100
休館日不定休
開館時間売店8:00~18:00
レストラン11:00~18:00
駐車場大型28台トイレ女18器レストランあり
駐車場普通129台トイレ男大5器物産販売あり
車椅子駐車4台トイレ男小19器情報発信コーナーあり
交流広場あり農産物直売所ありファーストフードあり

 

 

北方探検の先駆者としてシーボルトから高く評価された最上徳内、居合い抜刀道の創始者の林崎甚助も村山市の出身で、それぞれ記念館や居合神社が建っています。
「村山市故里交流施設」として設置された「道の駅・むらやま」は、村山の文化、歴史等の地域情報をさまざまな形で発信していきます。
道の駅としては初めての道路の両側に施設を設け、連絡通路で国道13号の上空を渡りながら、村山の四季折々の美しい大自然を満喫することができます。
売店(地域特産品コーナー)では、地場特産品や山形県内の主なお土産を展示販売。レストランは、珍しい一皿バイキングのビュッフェスタイルとなっており、地元の素材を活かした料理が楽しめます。

道の駅利用に際しお役に立てれば光栄です。

周辺施設

碁点温泉「クアハウス碁点」

最上徳内記念館

東沢バラ公園

農村文化保存伝承館

最上川三難所舟下り

元祖そば街道

居合神社

 

スポンサーリンク

 - 利用道の駅東北