道の駅うつのみやろまんちっく村利用記録「栃木」

   

栃木県内小旅行の際の、宇都宮市の道の駅うつのみやろまんちっく村の、利用記録情報案内です。

ロマンチック村1

ロマンチック村1

上の画像は、集落エリア(ロマンチック村のメイン)です。

 

道の駅うつのみやろまんちっく村

宇都宮市は、栃木県の県都です、宇都宮市街地中心街から北西にあり、水戸黄門が隠居した西山荘の茨城県常陸太田市から、栃木県鹿沼市まで続く、国道293号線道沿いに立地します。

通常は県都の道の駅は。市街地に近い立地となる場合が、多いと思いますが、こちらの道の駅は、大きな公園と里山の麓にあり、46haと東京ドーム10杯分という広大な敷地の中にあります。農産物直売所や地元産の食材を生かした、レストラン、体験農場、森林浴、ドッグラン、宿泊施設、そして、何よりも温泉施設が併設されている点が良いと思います。

栃木県都の都会的な中心街とは、ギャップの多い、自然豊かな里山の雰囲気が味わえる道の駅です。

集落エリア・森のエリア・里のエリアの構成です。
森のエリアは、森のエリアは、10haのみのりの森を中心に、自然体験できます。
里のエリアは、鎧川沿い広がる体験農場や生産農場が中心の広場や里山の風情を味わえます。
集落のエリアは、ろまんちっく村のメインとなる、情報施設や物産販売施設、レストラン、多目的ドーム、温泉施設などがあります。

村の食堂では、地元食材を使った季節ごとの、里山料理や和洋各種のこだわりメニューを提供しています。併設するブルワリーで醸造された、地ビールと一緒に地元の味が楽しめます。麦の楽園では、愛犬家にはとても優しい、一緒にドリンクやお食事を楽しめるテラス席がります。

ロマンチック村2

ロマンチック村2

上の画像は、森のエリアの入り口の広場です。

利用回数と利用形態

昼間の利用で、初めて利用しました。

案内地図

施設情報

所在地栃木県宇都宮市新里町丙254
電話028-665-8800
休館日物産館 毎月第2火曜日
飲食施設等 毎月第2火曜日
宿泊施設 毎月第2火曜日
温泉施設 毎月第2火曜日
多機能型温室 毎月第2火曜日
多目的広場 毎月第2火曜日
情報案内コーナー 毎月第2火曜日
開館時間物産館 8:30~18:00
飲食施設等 10:00~18:00(冬季17:00)
宿泊施設 15:00~10:00
温泉施設 10:00~21:00
多目的広場 9:00~18:00(冬季17:00)
多目的広場 9:00~18:00(冬季17:00)
情報案内コーナー 9:00~18:00

 

駐車場大型11台トイレ女61器農産物販売所あり
駐車場普通1066台トイレ男大小82器レストランあり
車椅子駐車23台観光情報あり道路情報あり

 

宇都宮市の北西部の一般国道293号沿いに位置し、東北自動車道及び日光宇都宮道路のIC、一般国道119号(日光街道)からのアクセスが良好であるとともに、北関東自動車道の全線開通により、県内外からのアクセス利便性の良い場所です。
施設近隣には、大谷石の採掘で知られる大谷地区があり、大谷観音や資料館等の施設や、多気不動尊を有し古くは山城としての歴史を持つ多気山をはじめとする「大谷七名山」などの観光資源があるほか、周辺は田園風景が広がり、地域特産の新里ねぎや米・りんご等の農産物の生産が盛んな地域です。
また,当道の駅は温泉や温水プール(クア施設)、宿泊施設を有し市民の余暇の充実や健康増進のための施設であるとともに、市内北西部の観光及び都市と農村の交流拠点としての役割を担っています。

 

周辺施設

大谷資料館(大谷石)

大谷寺

 

スポンサーリンク

 - 利用道の駅関東甲信越, 道の駅