量山寺(りょうさんじ)「栃木県高根沢町」

   

栃木県塩谷郡高根沢町亀梨の曹洞宗・量山寺(りょうさんじ)の紹介です。

量山寺(りょうさんじ)

高根沢町の東部にあり田園地帯を抜けげんきあっぷ村から山間の民家の建ち並ぶ間に立地します。(妙顕寺妙福寺の近くに立地します)

由緒

西暦1573年(天正1年)宇都宮成高寺14世大庵啓編奕大和尚の創建と言い伝えられています。

明治時代に2回の火災に遭ったそうです。

現在の本堂は、西暦1994年に新築しましたが、先般の東日本大震災の時に、屋根や壁が被災して、軸組他一部を残して、改修したそうです。

本堂前の石燈籠は、被災前は台座の上に2段の柱の構造でしたが、被災時に両方とも倒壊してしまったそうです、現在は一段のみで再建したそうです。

それから、墓石などは全壊してしまったそうです、住職夫人が対応してくださいました。

震災当日境内にいた夫人は、立って居られなかったと仰っていまいした。

石碑

量山寺石碑

本堂

量山寺本堂

量山寺データ

所在地栃木県塩谷郡高根沢町亀梨534
電話028-676-2334
称号量山寺
宗派曹洞宗
駐車場あり

 

 

スポンサーリンク

 - 歴史探訪 ,