三宮神社(さんのみや)「栃木県真岡市」

   

栃木県真岡市小林の三宮神社の紹介です。

三宮神社(さんのみやじんじゃ)

三ノ宮神社と言う方も居ますが、石碑に三宮神社と刻んでありますから、三宮神社として紹介します。

真岡市の南東部にあり、旧二宮町から益子町に抜ける、栃木県道166号と真岡市中心市街地抜ける、栃木県道119号の交差点付近に立地します。

田園風景の中の、生え抜きの方々の住宅地にあり、住民のより所のになっていることでしょう。

真岡市小林三宮神社

真岡市小林三宮神社

本殿・拝殿

本殿や拝殿の、創建年はよくわかっていませんが、創建三百年との言い伝えがあります。

真岡三宮神社拝殿

真岡三宮神社拝殿

神楽殿

神楽殿は西暦1915年(大正4年)建立されました、小林地区の伝承文化財である太々神楽の保存伝承の拠り所として、老朽化が進んだ屋根の葺き替えや補修を繰り返してきましたが、憂慮した地区の氏子が立て替えをすることを決定しました。

そして、現在の神楽殿が西暦2000年に再建されました。

毎年、真岡市無形民俗指定文化財の三宮神社太々神楽(だいだいかぐら)三宮神社例大祭が、行われます。(太太神楽と表記する場合もあります)

真岡市小林三宮神社神楽殿

真岡市小林三宮神社神楽殿

 

所在地 栃木県真岡市小林551-1
称号 三宮神社
真岡市無形民俗指定文化財 三宮神社太々神楽 三宮神社例大祭
電話 0285-83-7731
(真岡市教育委員会 文化課 文化財係)

 

スポンサーリンク

 - 歴史探訪