諏訪神社「栃木県芳賀町」

   

栃木県芳賀郡芳賀町八ッ木の、諏訪神社の紹介です。

諏訪神社

高根沢町の御料牧場から県道64号から東進して高根沢簡易郵便局の手前の集落を北進しすると諏訪神社が鎮座します。

由緒

創建は、西暦1532年~1555年(天文1年~弘治1)と言い伝えられています。

創建は、小堀和泉守次晴で、次晴が信州諏訪に赴任したおり足利将軍義植の怒りをかい追われて八ツ木の地に帰農しました。
その時諏訪神社の神をを迎えました。

次晴の子次充は、西暦1558年(永禄1年)次晴の徳を慕いて社に配移しました。

次充の子孫は、代々神職を受け継いで来ましたが、現在は星宮神社の見目宮司が継いでいます。

石碑と鳥居

八ツ木諏訪神社石碑と鳥居

拝殿

八ツ木諏訪神社拝殿

社内神社

八ツ木諏訪神社社内神社

八坂神社と白山神社が社内宮として鎮座します。

芳賀町八ツ木諏訪神社データ

所在地栃木県芳賀郡芳賀町八ッ木862
電話028-677-1115(芳賀町商工観光課商工観光係)
称号諏訪神社
駐車場あり(スペース)

スポンサーリンク

 - 歴史探訪 ,