小川原湖から宮城県大崎市道の駅三本木

      2016/05/24

 2006年10月26日

 10月26日いよいよ帰路につく日が来てしまいました。

しかし、僕の朝は早いのです、またまた明るくなるのを待ちワン達と散歩しました小川原湖にはかもの群れが泳ぎ回っているのを、キャンプ場の小高い丘の上から見下ろせるのです、蟻の行列のようでした。
 今日は、八戸港を見てから、帰路に就こうと計画しました、午前7時出発しました国道45号に入り、八戸手前では通勤時間帯と重なり混雑していました
まあ、なんとか八戸港到着してワン達と港を散歩しました事前に、見どころや、美味しいものを調べていなかったので、港を散歩だけでかえりました。

国道4号を南下

 国道4号を、ひたすら南に走り、一戸付近から晴れて気温も上がり、久々の好天となりました。 
 昼前に盛岡到着して、大きな公園で、ワン達を散歩させてから、 盛岡を後にして南に走りました。

 古川までは行かなくては松島が見られない、しょうがないので高速道路乗ることに(ノンポリだ)一関から古川まで高速道路を利用しました、途中のSAでワン達の散歩をしながら、見た看板に三本木の道の駅やまなみがあったので、今日の宿は「三本木道の駅やまなみ」に決定しまします。

道の駅三本木

 亜炭記念館という施設があり、昭和30年代まで三本木で盛んだった亜炭採掘について、模型の坑道を使って紹介している亜炭記念館です、オート3輪車が、エントランスに展示してありました。
 午後5時過ぎに到着しました、国道4号沿いの好条件ですね、多くの方が
夜間休憩に利用していました、人の苦労を横目で見て、楽しんだわけではありませんがすぐ隣に、駐車した老夫婦のワゴン車は寝る場所を、確保するために、荷物を全部車外に出してから食事後、運宴席と助手席に荷物を詰め込んで、スペースを確保している様子でした。
まぐろでの塩辛で、またまた今日のみました。  
 8時就寝しました。

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周東北編