ハイエース手作りキャンピングカー「ドレスUP」まとめ

1000記事投稿達成記念シリーズ第二弾として、200系ハイエース手作りキャンピングカーの記録「ドレスUP」編を、固定ページにまとめました。

ドレスUP

ハイエース用鍛造アルミホイールスピードスターMK-Ⅱ

ハイエース用スピードスターマークⅡのリム形状

ハイエース用鍛造アルミホイールスピードスターMK-Ⅱ

友人のガレージ店主に頂いた前所有者が200系ハイエース用にオーダーした鍛造アルミスピードスターマークⅡの良さを説明しています。
スピードスターは、半溶融鍛造と言う特殊な方法で製造された、鍛造ホイールです、兎に角軽くて丈夫なホイールは、若者は勿論幅広い世代に愛された優れものです。

ハイエースメッキアンテナカバー

アンテナカバー

ハイエースメッキアンテナカバー

同じハイエース乗りの友人から頂いた200系ハイエース用アンテナメッキカバーの説明をしています。
両面テープで貼り付けていたのですが、(画像の如く下の方が)浮いていたでは有ありませんか、両面テープを張り直しました、同じスタイルの方気を付けてください。
ハイエースのライセンスプレートの基台に錆

ナンバープレート貴台に錆び

ハイエースのライセンスプレートの基台に錆

フロントライセンスプレート(ナバープレート)のステーに錆が出ていたので補修したときの説明です。
フロントバンパーのライセンスプレート下が薄っすらと赤錆がにじみ出ていますね
はずしてみると、案の定錆びていました。

自作エアロパーツ

 

自作エアロ

自作エアロパーツ

プラスチックのアングルを頂いたので、空力はさておいて見た目重視で、業務用のドライヤー(プラジェット)で温めながら曲げて加工した記録です。
高価なエアロパーツでも、見た目重視のファッション、パーツじゃないですか効果のほどは解りませんからね。
LED照明

LED

LED照明

友人のガレージ店主が不良品返品を廃棄しないで譲って頂いたので取り付けた記録です。
かなり明く、直視すると残像が残るくらい、強烈ですねいまは、半紙を表面に付けて覆いをして、使用しています。側面取り付けようなので、光が目に入るとまぶしくてたまりません。

ミシュランプライマシー3st騒音計テスト

ミシュランプライマシー3st

ミシュランプライマシー3st騒音計テスト

ミシュランタイヤプライマシー3stの良さを他社製品と騒音計を使い比較しました。
静粛性の良さは、抵抗が少なく、真円に近いからでしょう 惰性に入ってからの、転がってる感は、大です。円周率は、公開されいませんが、噂では、世界一の円周率で製作しているそうです。
ハイエースDX用メッキフェンダーミラーカバー

ハイエースDX用メッキファエンダーミラカバー

ハイエースDX用メッキフェンダーミラーカバー

11年経過しても色あせ変形メッキ剥がれなど一切ありません、流石日本製ですが、サイト閉鎖は残念です。高すぎて売れないでしょう。
フェンダーミラーとアンダーミラーとフェンダーミラーの付け根の台座と右側ドアミラーの4点セットで30000円ほどしましたが、物は良かったですね

バックモニターとメディアプレーヤー

メディアプレーヤー

バックモニターとメディアプレーヤー

バックカメラは純正品をナビ連動で使用していますが、特に旅行中は、カーテンを閉めたままにしていますので、常時バックカメラ表示にしています。
モニターの設置場所は、カーナビ取り付け場所の左隣の小物入れに金物を加工して設置しました、穴を開けないで固定してあるので、外しても元に戻れます。

ハイエースホイールとタイヤ

ベンルディーエルボラーニCL-010

 

ハイエースホイールとタイヤ

流行出す前に、いち早くオーダーしました。日本メーカーのクォリティーです。コスミックベンルディーエルボラーニCL-010
17インチ 6.5J +35
ヨコハマDNA dB 215-60R-17 ES-501ホイールが、受注生産のため3~4週間待ちました。

ナビ交換

ナビ交換

 ナビ交換

純正な日から市販品(パイオニア)にセルフで交換しました。純正バックカメラと市販品ナビの電圧違いを克服するためのアイテムなどの説明をしています。
配線が多すぎて大変その上、純正バックカメラを流用するためには、純正カメラ電源6Vでパイオニアナビは12Vこれを変換しなくては、なりません。

手作りマフラー

自作マフラー

自作マフラー

手作りマフラー

某工場の国内向け乗用車向けのマフラーの先を頂いたので、ハイエースに合うように加工しました。
75φのステンレスパイプ(電線管用薄 端材 画像内側に見えるパイプ)を先っぽより少し長めにカットしてから、全長の半分強を上半分カットします。

ハイエースにレカロシート

レカロ用自作レール

ハイエースにレカロシート

レカロシートを友人から頂いたので、スライドシートレールを、レカロ製品を購入しないで、純正スライドシートレールを、不要交換時に純正シートに戻せるように工夫して加工した記録です。
自作にてTIG溶接で加工しました、15mmの電材のダクター(D15)に5×20の平鋼を溶接、石にTIGは真面目にやれば仕上がりは良好ですね。

BILSTEIN装着

BILSTEIN装着

BILSTEIN装着

BILSTEIN改を購入して嬉しくてたまらない状態で撮影した画像です。この後交換取付しました。
高速走行で安定であるとかではなく、法定速度内での、安定性をも求めて購入しました、BILSTEIN改、何が改?と思われるでしょうこの改もちろん本体の改造は、されていません。

スポンサーリンク

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

公開日: