由利本荘市から象潟

      2016/04/30

 

 

 2009年10月11日から14日秋田県に行った記録

 孫ちゃが秋休みなのです、最近旅行のメンバー入りしました。
 爺はとても暇なので秋休みに併せて10月11日から14日の行程で、

秋田県由利本荘市道の駅岩城から仁賀保市道の駅象潟それから、
山形経由でホームキャンプ場の場塩原グリーンビレッジへ行って来ました。

 10日の土曜日は仕事で11日の早朝は道路掃除のボランチィアのため
出発は午前8時になってしまいました、東北道から秋田道と乗り継ぎ到着時刻は、
午後4時トイレ休憩や食事休憩そして、わりと混雑していてこんな時間になってしまった。

秋田県由利本荘市道の駅「」に到着

 秋田県由利本荘市道の駅「岩城」に到着しました、こちらの道の駅も
温泉施設併設されています、夕日が見える展望露天風呂が自慢の温泉です、3時間券と
 1日券があり、一日券の方は、外出ができますから、時間に余裕があり一日滞在できるので
あれば、案外安いですね。
 風があり寒かったが孫ちゃはお構いなし海で「遊びたい」折角連れてきたのだから、
腰が重くては、いけませんからね、軽やかに、砂浜を走り抜けて水際まで行って、波と戯れました。
 砂浜の海岸で波乗りをやっていた若者が数人いた寒そうだ。
55-2
 昼間、天気とは裏腹に、夕日が見ない残念な雲行き、そんなことは、
全く気にしない、まごちゃ
あのぉ、寒いんですけど、それにそろそろ、温泉入って、飲みたのですけど、とせかしましたが、一向に、やめる気配なし、まぁいいかぁ、この貴重な日は、2度と来ることは、ありませんからね。
 真っ暗くなり、やっと諦めた、まごちゃ楽しかったね、温泉に入って、夕飯食べようね
小さな子供は、見るもの、食べきれないほど、頼んでしまう、小食の爺は残飯整理が、段々
苦痛になりましたが、いい思い出になりました。「食事は苦痛」
 2日目曇り、しかしなぜか暖かい、ヤな予感がします。
56-2
 元気よく、昨日さんざん遊んだ、砂浜でまたもや遊んだ、まごちゃ、まだここを離れたくないと言う、まごちゃを、だめて移動しました。
 つぎは、由利本荘を後にして仁賀保市の道の「駅象潟」ねむの丘、へこの海岸はでかい石が
ごろごろ、していて、磯ガニ(豆ガニ)と小さいヤドカリが、沢山いました。

仁賀保市の道の「駅象潟」ねむの丘

 もうまごちゃ砂浜より断然張り切りまして、ビニール袋にいっぱいとりましたが、
それじゃ「死んじゃうよ」逃がしてまた明日取ろうねとなだめたが聞き入れるはずありませんよね。
小物入れに使っていた、プラスチックの蓋つきケースを、水槽代わりにしました。
58-2
 
57-2
59-2
 時間を、完全に忘れて、日没まで勢いは、止まりません。
 そして朝に、帰り際にまごちゃと意図悶着がありました、ヤドカリを、家に持って帰りたいと言い出しました
まごちゃ「家の大きな水槽に入れて飼うんだぁ」
僕   「家に帰るまでに、死んじゃうよ」
まごちゃ「だってパパとママに見せたいのぉ」
僕   「ヤドカリさんのパパとママが、ヤドカリの子居なくなったら寂しがるよ」
半べそ書いてました、今一納得しないようだが、なんとか放流することにしました、「パパとママの所に帰れぇ」
次回に、続く

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周東北編