袋井市油山寺から磐田市福田・御前崎市

   

油山寺を後にして、和の湯で本日二つ目の課題をこなします。

先日頂いた、無料優待券を行使します。やや風が強いが打って変わって好天に恵まれました。

和の湯

日陰に駐車出来愛犬のトイプードルまぁあこも安心して、車で留守番させられます。

袋井市和の湯

26日は平日でしたが、優待券目当てに大勢の来館者がおりましたが、今日はまばらな入りです。

汗を流した程度の軽い入浴にして、次に進めます。

福田(ふくでん)カネ吉水産の釜揚げしらす

しらすの釜揚げ工場直売のお店が、隣町磐田市の福田漁港から水揚げされた、新鮮なしらすを釜揚げして製造直売しています。

地元では、福田(ふくでん)と言っていますが、現在は磐田市豊浜なんですね。

仕事上の知り合いに教えて頂いて、複数回利用しているカネ吉に今回も行きました。

付近には数軒のしらす製造直売の工場があります。

カネ吉水産 案内地図

福田カネ吉水産とハイエース

福田カネ吉水産

製造直売の激安釜揚げしらす

360gで1000円(太で細も混じる)はスーパーメーケットの価格比は1/4~1/5程度でしょうか激安です、しかも新鮮でしっとりとした食感は、スーパーマーケットのしらすでは味わうことが出来ませんね。

毎回同じ様な会話をしています、
僕たち「1000円の5袋ください」
店員さん「何時頃家に着きますか?」
僕たち「はい今日の夜又は明日の午前中です」
店員さん「今日じゃないの?持たない(鮮度が)」
店員さん「冷蔵庫かクーラーボックスありますか?」
僕たち「ありません」
店員さん「発泡スチロールの箱あげます」「じゃ氷もあげます(ペットボトル2本を凍らせた氷)」
店員さん「溶けたら必ず氷を追加して下さいね」

今回も味見はしません、一番最初に来たときには散々味見をしたのでおまけの小パックが有りませんでしたが、2度目から味はわかっている旨を告げると、それ以降は小パック一つおまけして頂いております。(通常価格だと1000円程度の量です)今回も箱と氷は無料で頂けました。

この地方に来ると必ず訪れて購入する新鮮激安釜揚げしらす、もう病みつきです。しかし美味しいからと行って食べすぎには注意です、塩分はそれなりに有りますからね。

道の駅かぜのマルシェ御前崎

これで、帰路につく決心が付き、途中で昼食にして国道150号を東へと進めました。あまり先を急ぎたくない僕は、かぜのマルシェ御前崎で小休止して店内探索後、30分程度の昼寝をしました。(大休止だね)

浜岡砂丘

そして、少し東に走るとあの有名な浜岡原発があります、その少し西の海岸には浜岡砂丘があり寄ることにしました、それがレアなトラブルの幕開けに成りました。

浜岡砂丘入り口

ここまでは、防風林があり風もそれほど強く吹いていませんが、しかし丘の上まで行った途端強風で目を開けていられません、肌の露出している部分は針で刺されたような激痛です。

浜岡砂丘中間手前

この後まぁっこを包み込むように抱っこして、引き返しました。画像奥遠くに浜岡原発の設備が見えます。

しかし早々に戻りましたが、折角入った温泉も砂だらけの体になってしまい、温泉の入る順番が逆だったようです。

そして、まぁこの目や鼻についた砂をタオルと櫛落とし、体をブラッシングで落としましたが、落としても繰り返し落としても、体を軽く叩くと砂が落ちる、これではいつまで経っても砂が、湧き出る感じです、ブラッシングとタオルで拭き取ること約1時間疲れましたが、ほぼ砂は排除出来たようです。

もうこれで、今日の帰宅は不能と判断して、夕食と氷を購入しました。(帰りたくない策成功)

次回につづく

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周中部東海編