木造馬頭観世音像「栃木県茂木町小井戸」

   

栃木県芳賀郡茂木町小井戸の、木造馬頭観音像の紹介です。

木造馬頭観音像

茂木町中心市街地の北部小井戸地区にあり、国道123号塩田交差点から県道27号にて北進、約3.5キロメートルに案内板があり西へ、約50メートルに立地します。

案内地図

由緒

朱雀天皇の時代の、西暦930年(延長8年)信教法師が蛇谷山に蛇谷山金剛院観音寺を中興しました。
翌年、この寺で田原藤太秀郷が母と対面の際、馬頭観音像を安置したと伝わります。

木造馬頭観世音像は、観世音菩薩の前頭に小さな木造の馬の頭をつけています。
木造彫刻としては、当地では大変珍しい、価値の高いものです。

観音堂

茂木町小井戸観音堂

観音寺

茂木町小井戸観音寺

馬頭観世音像

茂木町小井戸木造馬頭観世音像

茂木町小井戸 木造馬頭観世音像データ

所在地茂木町小井戸
称号木造馬頭観世音像
駐車場あり(境内にスペース)

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,