清浄寺「栃木県益子町」境内の大銀杏ましこ世間遺産No18

   

栃木県芳賀郡益子町益子の、清浄寺(しょうじょうじ)の紹介です。
ましこ世間遺産No18に認定された、境内の大銀杏が境内にあります。

清浄寺

益子町中心市街地の北部にあり、国道294号と121号の供用区間の、町民センター入り口の信号の西側に立地します。

案内地図

由緒

西暦1226年(嘉禄2年)の創建と伝わります。

宗派は、浄土真宗 本願寺派です。

鐘楼

栃木県芳賀郡益子町益子清浄寺鐘楼

本堂

栃木県芳賀郡益子町益子清浄寺本堂

境内の銀杏 ましこ世間遺産No18

栃木県芳賀郡益子町益子清浄寺境内の銀杏1

栃木県芳賀郡益子町益子清浄寺境内の銀杏2

西側の1本は雌の木で樹齢約200年と推定され、門側(東側)の2本は雄の木で樹齢は約100年と推定されています。

栃木県芳賀郡益子町清浄寺データ

所在地栃木県芳賀郡益子町益子2617-1
称号清浄寺(しょうじょうじ)
宗派浄土真宗 本願寺派
駐車場あり

 

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,