つがる市から男鹿半島

      2016/05/23

  2011年10月19日20日の記録
 つがる市の道の駅「もりた」でワン達と道の駅のレストランの店外で皿うどんを食べて、

りんごの産地

美味しくて楽しかった余韻をの残しながら、車の通りの少ない道を選び、岩木山の北東側の県道で、弘前市方面に向かいます、リンゴの木があたり一面に植樹されていて、品種に依ってはもうすぐ出荷出来そうな、赤く色づいたリンゴが沢山なっておりました。

道の駅碇ヶ関 

 つがる市の道の駅「もりた」から東北自動車道を使っても使わなくても、1時間程度ですから当然、一般道で行きます、弘前市から国道7号で行きます弘前市内を抜けると、道は空いてきて走りやすくなりますが、程なくして道の駅「碇ヶ関」に到着しました、早速ワン達の散歩休憩します、道の駅付近の探索と温泉施設の探索を、ゆっくりと行い無料の足湯で泉質を、チェックしてから、まだ日は高いですから、近くのマックスバリュで夕食の食材の買い出ししてから、道の駅隣接の温泉施設にて入浴しました。
温泉付き
 300円で入れるので、財布にやさしいね、青森ヒバの香りがほのかにして、大自然に包まれて温泉に入っている気分でした、ホームページでは源泉かけ流しと記載してありますが、当時の案内板には、循環式の説明が、有りました現在は解りませんがね。
 
冷え込む夕方
 折角、体の深まで温まったのですが夕方になると、やはり寒くなりますね、今夜は、ワンパ
ターの鍋料理です、鶏肉と、青梗菜、もやしの鍋でワインを頂きました。
 

男鹿半島へ

 10月20日道の駅「碇ヶ関」の朝が始まります、ワン達の散歩をゆっくりとして、朝食を食べて今日は、大舘市から男鹿半島を目指します。
 
大館市で洗濯
 峠を越えて大館市まで来ました、男鹿半島に向かう前に、この旅も6日目となり、洗濯ものが溜り、着るものがそろそろ無く成ります、大館市内に入りどこかで、コインランドリーの場所を、聞こうと思っていた時に、偶然発見しました運がいいね。
市街地の散歩
 暫し、洗濯中に近所をワン達と散歩、探索します、市街地はワン達の散歩には適しません人も車も、多過ぎて危険です。
 
 洗濯も終わり、国道7号で一気に男鹿半島に到着しました。

 入道崎

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 男鹿半島入道崎の駐車場に停めて海岸に降ります、老犬のちゃちゃはバックに入れて行く。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 漁網用のロープが流れ着いて岩に絡まっていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 ちゃちゃは抱っこしていて、あまり動きません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 潮が引いているから、ここに居られるますが、満ち潮になる前に退却しないといけません、
昨日までの、強風とは、打って変わって風のない暖かいい日になりました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 何時までも遊ばせてあげたかったのですが、見てください、上上と上の画像の潮位の差危険ですよ、突然の高波では下に居たら、逃げ場が有りませんから、日本海の真ん中を、漂流する事に成りますよ。

今日の、一言

 高波に注意して、海難事故を防ごう

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周東北編