和歌山県千畳敷から那智勝浦

      2016/05/23

   2011年12月の記録

千畳敷

 千畳敷を堪能してから、長生温泉で潮風でべた付いた体を、天然温泉で洗い流して、暫し休息します、こちらの温泉は外部に無料の足湯が有り、大変閑静な庭が有り癒されました。

みなべうめ振興館

 次は、少々戻りになりますが、道の駅「みなべうめ振興館」で夜間休憩とします、近くのスーパーマーケットで、食材を購入してから、道の駅に到着です、早速ワン達の散歩をして付近の探索をします、梅の畑が沢山ありました、当てリ前ですがね。
 
 そして、就寝して朝を迎えます、いつものようにワン達の散歩をして出発準備をします。
そして、梅の試食をさせて頂きます、沢山試食をしますから塩分が段々と効いてきます、お茶を飲みながら、更に試食をします。
同じ南高梅で同じ塩分濃度で添加物無しでも、木に依って味が違うようです、南高梅だから、全て同じ味ですべてが、ベストでは無いことが、良くわかりました、沢山試食した中で、マイベストの梅干を購入しました。

志原海岸 

 次は、15分程で道の駅「志原海岸」に到着します、でワン達を遊ばせました。
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 何とも言えないこの砂利浜の雰囲気これは、あまり見ない海岸ですね、一枚岩に砂利が
散りばめられています
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 喜んで、走り回るマリー
 
 
 貝殻に興味を持つが、実は貝殻ではなく、漂流物のプラスチックでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 歩きたがらない、ちゃちゃはいつも抱っこしています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

満ち潮
 段々潮が満ちてきて、退却の時間ですね。

串本公園

 それから、串本公園で食材のの残りで昼食とします、その後、那智勝浦へ向けて出発です途中串本町の本州最南端を見ようと思っていたのですがナビがショートカットしていることに気づかず通り過ぎました、次回紀伊半島に来た時の楽しみに取っておきましょう。
 

那智勝浦

 那智勝浦の道の駅「なち」に到着しましす、早速ワン達の散歩と付近の探索をします、こちらの道の駅は鉄道の道の駅のコラボレーションです、温泉付き、ですし少々駐車場が狭いのが玉にきずですね。
 
 道の駅と海岸は線路に阻まれているので、跨線橋で海岸の海浜公園に出てワン達を、遊ばせました長い砂浜の海水浴場と公園を散歩しました。
 夜になり、また食材の余りを、食べて就寝しました、この残り物が、少し怪しい味がしておりました、これが危険な香りがします。

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周中部近畿北陸編 ,