島根県本庄から大山町

      2016/05/23

 2010年3月24日の記録

道の駅本庄

 島根県の道の駅「本庄」で目覚めます、昨日までの雨が止んでますが、何時まで続くのか、

日課であるワン達の散歩してから、出発準備を進めます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 この地方は、弁慶の生誕地だそうです。
 

境港市ゲゲゲの鬼太郎

 今日は、ゲゲゲの鬼太郎を見ようかと、境港市に向けて出発します、曇り空でも降らなければと期待しながら走行しましたが、喜びも束の間降り出しましたこれじゃ、境港界隈を、徒歩で見て回れるかと期待しましたが、残念無念ですよ。
 

ホームセンターで体制を整える

 しょうが無いので、車で近くを走行するっことにします、運転しながらの観光は非常に危険です通り過ぎただけになりました、それからホームセンターに寄って、コロコロテープやら、ウェットティッシュ等など、購入しました、後日談なんですが、このコロコロやたらに安くて質感が、今までに無い上質で貼り付きが良く、糊のべた付きが無いのですよ再度購入したいが場所が定かではありません。
 

道の駅大山恵みの里

 次は、更に海岸沿いを東進します、程なくして道の駅「大山恵みの里」に到着して、ワン達の散歩と付近の探索並びに、道の駅を探索します、すると良いパンフレットを発見しました。

牛骨ダシラーメン

北海道の白老元気屋さんを思い出す
 北海道編で、紹介した白老の牛骨ダシのラーメン元気屋さんを彷彿させる内容の牛骨ダシラーメンのパンフレット見て心躍る胸が弾むはで、時間は午前11時まだ開店時間には、少し早いが一番近そうなお店を選んで、お店の駐車場で開店時間まで待ちました。
 
早速試食開始
 そして、開店時間になり一番客で入店します、早速目的の牛骨ダシラーメン醤油味を注文しました、牛骨ダシラーメンは醤油味しかありませんでしたがね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

テイスチング
 早速味見します、澄んだダシに比較的薄い塩味ここまでは、良い評価出来ます、肝心の牛骨ダシ微かな甘い牛の風味、少し飲んでみます折角、牛骨を使用しても風味を出し切れていないと思う麺と絡めて食べてみます、牛骨が前に出ていません、豚骨と鶏ガラのスープに僅かな牛骨ダシを混ぜたと思わざるを得ない、全体的なラーメンとしての評価は、5段階の3ですかね
 
 あえて、店名も場所も記載しませんが、醤油ラーメンとしては、一定の評価は、出来ます。
修業した時代もありました 
 話はそれますが、独身時代に2年程ラーメン屋で修行しました、そのお店は多店舗展開している店でした、当時は骨類は豚ガラのみの澄んだスープを提供していました、豚ガラを、下茹でして冷ましてから、肉片がついている骨を、ひたすらたわしで削り取りながら流水で更に、たわしで磨き上げてハンマーで割ります、背骨の背油は、ホークでかき出してからたわしで磨き上げます。
背油は、一歩間違うと台無しに
 背油は、好みにもよるでしょうが、一歩間違えば悪臭の元になります。
 このくらいは最低限しないと澄んだスープはできません、背油入りなんて言うスープを提供するのはどうかと思う。
 
 現在は高齢になり、ラーメンが好きで3食ラーメンでも良いと思うくらいでしたが、月に1度程度に自粛しています。

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周中国四国編