星宮神社「栃木県宇都宮市幕田町」

   

栃木県宇都宮市幕田町の、星宮神社の紹介です。

星宮神社

宇都宮市の中心市街地の南部にあり、国道121号姿川南側の交差点から県道61号にて北進、約700メートルを南進、約800メールの田園地帯に鎮座します。

案内地図

由緒

西暦848年~851年(嘉祥年間)に、横田越中守頼業により創建されたと伝わります。

主祭神は、磐裂神・根裂神 配神:大物主命・素盞嗚命・大日孁貴命

幕田「まくた」地名は、蒔田と言ましたが、収穫時期に祭田に幕を張って神楽を奉納したことから、幕田と称するようになったという星宮神社社祀の記録があるそうです。

鳥居

栃木県宇都宮市幕田町星宮神社鳥居

拝殿

栃木県宇都宮市幕田町星宮神社拝殿

本殿覆屋

栃木県宇都宮市幕田町星宮神社本殿覆屋

栃木県宇都宮市幕田町星宮神社データ

所在地栃木県宇都宮市幕田町166
称号星宮神社
駐車場あり(スペース)

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,