星宮神社「栃木県茂木町坂井」

   

栃木県芳賀郡茂木町坂井(さかのい)の、星宮神社の紹介です。

星宮神社

茂木町中心市街地の西部にあり、天矢場の交差点より国道294号バイパスを北進、芳賀地区森林組合のある交差点を旧道に進み、約300メートルの民家が数件並ぶ、門道を山側に上がり、約80メートル林道を歩くと、旧星宮神社の跡地があります。

案内地図

由緒

創建・勧請は不詳ですが、西暦1688年(元禄1年)に再建されたと伝わります。
その後、西暦2000年(平成12年)に、近津神社に合祀され社殿は取り壊されました。

主祭神は、磐裂神・根裂神

星宮神社跡地

跡地付近の林道

栃木県芳賀郡茂木町坂井星宮神社跡地林道

石段

栃木県芳賀郡茂木町坂井星宮神社跡地石段

社殿跡地

栃木県芳賀郡茂木町坂井星宮神社跡地

栃木県芳賀郡茂木町坂井星宮神社跡地データ

所在地栃木県芳賀郡茂木町坂井1506
称号星宮神社跡地
駐車場なし

あとがき

かつて、この山は中世の時代、佐竹氏の配下の茂木氏の出城で会ったと伝わります。(千本氏・那須氏に対する防御用の城)

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,