姥が池(うばがいけ)「栃木県芳賀町」

   

栃木県芳賀郡芳賀町祖母井(うばがい)の、姥が池(うばがいけ)の紹介です。

姥が池(うばがいけ)

芳賀郡芳賀町の中心街祖母井(うばがい)に鎮座する祖母井神社の東方向に数百メートルに立地します。

現在は、姥が池ロマン公園として、整備され夏場は涼を求める付近住民が、散歩などを楽しんでいます。

姥が池ロマン公園案内図

姥が池ロマン公園案内図

祖母井(うばがい)の由来

芳賀町祖母井の東台地の麓に位置するこの地一帯は、4000~5000年前(縄文時代中期~主体に後期まで)弁天池(現在の姥が池)遺跡地であり、産土の森であり、そして泉がありました。
この姥が池は清水が年中かれることなく、またその水量も一定して増減がない安定しています。
この清水は、室の八州をかたどった堀筋によって流出し、近隣住民の貴重な灌漑用水として利用されてきた。
そのため、古くから尊崇の聖地とされ、祖母井神社もこの地より遷宮されたものであって、「下宮姥が池霊地」となっています。
また、言い伝えによれば、日光開山の名僧勝道上人の姥がこの地に往し、上人誕生の際の産湯にこの霊水が使用されたと語り継がれており、祖母井の地名もこれに由来すると言われている。
後代、西暦1933年(昭和8年)、大衆文学の先駆者の一人でもある硯友社同人江見水蔭が、近くに居を構えて悠々自適の生活を送っていた時、学友の平石姥泉を尋ね、この地で詠んだ歌碑が敷地内に建っています。

姥が池の杉

姥が池の杉

水路のような形状の姥が池

水路のような形状の姥が池

水路のような形状の姥が池2

水路のような形状の姥が池2

太鼓橋の下に音を立て流れる姥が池

太鼓橋の下に音を立て流れる姥が池

姥が池データ

所在地栃木県芳賀郡芳賀町祖母井1622
電話086-677-6018 芳賀町商工観光課商工観光係
名称姥が池ロマン公園
駐車場あり
トイレあり

関連記事

祖母井神社(うばがいじんじゃ)「栃木県芳賀町」

祖母井城跡(うばがい)「栃木県芳賀町」

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪