真岡鐵道999メーテルもてぎに現る

      2016/08/03

曇り空の予報の栃木県地方でしたが、予報に反して午前中は、晴れ間の日差しが、容赦なく照りつけて真夏の様相でしたね。
スクーターdioで茂木方面に向けて、愛犬とツーリングに出かけました。

道の駅もてぎ

まずは、道の駅もてぎに立ち寄り、給水と愛犬まぁこの散歩タイムとしましす。道の駅のメインの駐車場は、休日とも成ると混雑が常態化しています。人気のある道駅であることが、良くわかりますね。国道123号を隔てた、駐車場に停めました。

道の駅もてぎ

道の駅もてぎ

公園化して有り、芝生が綺麗に手入れされています、お子様ずれや愛犬には最適かと思われます。

真岡鐵道もてぎ駅SL転車台

給水も済んで、つぎは真岡鐵道茂木駅に向け出発です。数分で到着しました、今日は休日ですから、真岡鐵道にSL列車が走ります。
茂木駅は、終点ですから、良い物を、見ることが出来ます、それは転車台です。真岡鐵道の通常の列車は、ディーゼル機関ですが、当然SLは蒸気機関です両方向用では有りませんね。従って方向転換が必要に成ります。
そのための方向を転換する回転台が有りますそれが、「転車台」です。

20年前まではバック運転

20年前に設置しましたが、それ以前は方向転回出来ずに、帰りはバック走行でした、見方に寄っては滑稽のようですが、今思えば味わいがあって帰って、良かったと思います現在は、見たくても見る事が出来ませんからね。

辺りを探索して、転車台の見える撮影スポットを確認しました。駅構内に入って撮影すれば、ベストでしょうが、生憎愛犬が同伴ですから、犬を嫌いな方もいらっしゃるでしょうから、敷地外からのスポットを確認して茂木駅を後にしました。

茂木城跡(桔梗城跡)城山公園

茂木駅から、茂木城跡(桔梗城跡)城山公園に向かいます。数分で到着しました。

茂木の市街地を南に見下ろす桔梗山の上にあり、現在は城山公園として整備されてとてもきれいな公園です、先ほどの真岡鐵道茂木駅の駅舎や転車台なども、本丸跡地から確認出来ます。
駐車場まで舗装されてはいますが、きつい坂をスクータで登ってきました、徒歩だと体力に自信が無いと、厳しいですね。もちろん車も乗り入れられます。

城山から茂木の町並み

茂木城跡本丸から駅

茂木城跡本丸からもてぎ駅

高台にある城山公園の本丸から、茂木の町並みと茂木駅を見下ろす風景は、画像では良く伝わりません、是非現地を訪問してください。
茂木城跡本丸西側

茂木城跡本丸西側

本丸の西側の急峻な土塁、自然な地形を最大に生かした城郭ですね、まぁ良くも悪くも佐竹氏系の城は兎角この形式が多いですね。

本丸から二の丸三の丸を見下ろす

茂木城跡本丸北側

茂木城跡本丸北側

本丸の北側から一段下の二の丸と三の丸を見下ろす場所から撮影しました。

二の丸広場

茂木城跡二の丸広場

茂木城跡二の丸広場

二の丸広場の木陰で暫しの、休憩をしました、しかし杉林の中でしたら、涼風が爽やかに吹くのですが、本丸の土塁に遮られてしまうのか芝生の中には、涼風も暖風も吹きません。程なくして蒸気機関車の汽笛が聞こえましたので、城山を降りることにしました。

真岡鐵道茂木駅施設外から観覧

茂木駅の西側のフェンスの外側でSLが転車台に乗って回転するのをじっと待ちます。先ほどの芝生の上の木陰でも、暑く感じたのですが、こちらは日陰は有りません。しかし折角来たのですから、待つしか有りませんよね。

客車を牽引して駅のホームに侵入後、乗客を降ろして客車ごとバックして、転車台の手前で停車して、給水並びに、燃料灰を排出していました。

茂木駅SL待機

茂木駅SL待機

画像は、給水完了後待機中のSLです、駅に到着後3~40分程度経過したと思います。

真岡鐵道999のメーテル現る

そのとき案内がありました「真岡鐵道999のメーテルと写真を撮りましょう」
真岡鐵道999メーテル

真岡鐵道999メーテル

画像では、良くわからないと思いますが、スーパースリムのメーテルが現れましたよ。金髪ではなく黄色の髪のメーテルです。
暫しメーテルと客の記念撮影を観覧しました。すでに1時間15分経過しましたので、空腹に耐えられなくなり、まだまだ回転には時間があるのだと鷹をくくって、コンビニにて昼食を購入して食べて戻ったら、なんとSLは向きを変えて、客車と繋がっていました誠に残念無念です。(その間15から20分)
茂木SL回転完了

茂木SL回転完了

悲しいかな、暑い中を待ちに待ったのに、この通り真岡方面を向いて出発準備完了してました。
これがラストランでしたら悔いが残りますが、休日には必ず運行してますから、次回の楽しみにとっておきましょう。なるべく近い内に必ず、回転台に乗ったSLの画像を投稿します。
この後、いじけながらスクーターdioで帰宅しました。

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - dioツーリング, 鐵道