サイカチの木「栃木県市貝町杉山」

   

栃木県芳賀郡市貝町杉山の、市貝町指定天然記念物のサイカチの木を紹介します。

サイカチ

先日、市貝町椎谷から杉山経由で、那須烏山方面に向けツーリンツの最中に、大きな木とその下に案内板を発見しました。
近づいて見ると、サイカチの木と説明板でした。

市貝町指定天然記念物サイカチの木1

概要

学名は、Gleditsia japonicaで、マメ科ジャケツイバラ亜科サイカチ属の落葉樹です。

本州の河川などに自生しましたが、現在では、希少が樹木です。
幹や枝に は、鋭いトゲがあります。
葉は、偶数羽状複葉で、小葉は楕円形で長さ2cm程度です。
初夏の5月から6月頃に、葉の付け根に花を咲かせます。
秋の10月頃には、三日月型や曲がりくねった20cmほどの豆果が付きます。
皁莢と漢字表記されますが、古称は西海子だったと言われます。

市貝町指定天然記念物サイカチの木

かつては、建築材料や家具などに利用されました、
また薪や炭としても利用されました。

市貝町指定天然記念物サイカチの木2

この木の種には、サイカチマメ虫という寄生虫が寄生しています。
落下した種は、種皮がとても固く数年経過しても自然には発芽しないそうです。
落下した種に、サイカチマメ虫が、種に産卵して幼虫が種を食い破り種内に侵入して、その穴から雨水が浸入し、幼虫が溺死すると共に種皮が破れて発芽するという。
雨水が浸入が少ない場合は、幼虫が種を食い尽くして、発芽できません。

市貝町指定天然記念物のサイカチの木データ

所在地栃木県芳賀郡市貝町杉山
樹齢300年以上
樹高約20メートル
枝張り東西約24メートル 南北約20メートル
幹周り約3.5メートル
天然記念物市貝町指定
駐車場なし

案内地図

市貝町中心市街地の町役場の東の県道163号を北進し、杉山地区の小貝郵便局の北側のT字路を、県道176号にて北進し、八幡宮と山王寺を過ぎ、最初のT字路を西進約500メートルの旧道沿いに、サイカチの木があります。

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 観光案内