天栄村から喜多方市

      2016/05/19

2016年5月13日、国道294号北上の旅、東北編のつづきです。

白河市から天栄村

小峰城址を、後にして一部国道4号に乗り、東北自動車道白河中央スマートインター入り口付近から、更に国道294号を北上します。

法定速度で高速道路と変わらない

天栄村に入り、高低差のあまりない、通行量も少なく、信号機も極めて少ない道路は、法定速度で走行しても、通常の2倍近くの平均時速になり、実に気分がいいですね、東北自動車道で白河中央スマートインターから常磐自動車道磐梯川東インター間と時間を比較しても、10分程度しか変わらないので、機会がある方は是非お試しください。

道の駅季の里天栄

短時間で「道の駅季の里天栄」に到着しました、手打ちそばや地元野菜が販売されていましたが、少し時間が早く空腹感も無いので、手打ちそばは諦めて、トイレ休憩と、愛犬散歩をしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

のどかな田園風景

そして、更に国道294号で北上します、実に気分が良い道路を、軽快に法定速度を守りつつ走行して、途中のコンビニエンスストアーで軽い昼食兼、休憩をしました。
山間部の、田んぼには、用水路から水が引き込まれていて、トラクターで耕す光景が数多く見られました、当地の田んぼはもうすっかり植苗が完了していますが、天栄村地方は今が最盛期のようです。
その光景をしばし眺めながら、休憩をして愛犬の散歩、のどかで道路の状況といい、田園風景といいなんとも、気分は最高です。

道の駅喜多の郷

そして、休憩後更に、国道294号を北上します、猪苗代湖の南側を、ぐるりと回り、国道49号に合流して、県道33号に乗り、会津若松市内を迂回します、途中のスーパーマーケットにて夕食材を購入してから国道121号にて、今夜の宿となる喜多方市の「道の駅喜多の郷」 に到着しました。

温泉付き道の駅喜多の郷

温泉付きの道の駅は、大勢の車中泊車が、集い山間部の割には、賑やかで寂しい感じは微塵もありません、安心して夜間休憩ができます。

まだ、日が高かったので、車中泊車は、集まっていませんが、この後は、大変賑やかになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ラーメン創作料理

レストランでは、喜多方ラーメンを初め、喜多方ラーメンの創作料理ラーメンバーガー等が提供されており、アイディアたっぷりのレストランです。

旅人との会話

地元宇都宮の方とお話する機会がありました、地方の道の駅で車乗荒らしの被害を間一髪で食い止めたお話や、道の駅で知り合った、旅人と再交流を未だに続けているお話など、長々と旅の逸話を、聴かせて頂いて充実して過ごせました。

午後5時過ぎ温泉割引

夕方5時を過ぎると、割引価格で入浴できますので、それを知ってか、5時過ぎは割りと混雑気味でした、当たり前かな。(大人500円→300円)

数年前に、来た時は無色透明でしたが、今回は透明でやや琥珀色に感じましたが、気のせいでしょうか。

夕食はヘルシー

ゆったりと蔵の湯を堪能した後は、クールダウンすべく、愛犬まぁこの散歩をして、過ごします、そして、今夜の夕食は、道の駅伊王野で購入した、アスパラガスとエシャロットと魚肉ソーセージのみで、ワインを頂きます、ヘルシーでしょ。

アスパラガスの湯がき方

アスパラガスは、軽く湯がきます茹で過ぎは行けません、新鮮で柔らかいアスパラをほんの少し、湯がきます、茹でるというイメージですと、柔らかすぎて風味も飛んで、折角の良い食材が台無しになりますから注意が必要ですね。

湯がくコツは、半分に手で折って、茎の部分を先にお湯に投入して、ひと煮立ちしたら、穂の部分を投入して、煮立つ前に取り上げて、冷水にさらすこれで出来上がりです、生食できる食材は、この程度で十分です。

ヘルシー夕食を、頂き明日からの計画をしつつ就寝しました。

5月14日喜多の郷の朝が始まります。

野菜直売所

野菜直売所のお母さんが、バイクで大きな米用の紙袋を、カゴに載せて、やって来ました、中身は、昨夜も食べた、アスパラガスです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

そのお母さん長いまま運んできて、直売所で整理しながら、定寸にカットしていました、仕上がるのを待ち、2袋購入しました、また今夜も新鮮なアスパラガスが食べられると思い、夜が待ち遠しく感じました。

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 日本一周東北編