智賀津神社「さくら市狹間田」

   

栃木県さくら市狹間田の、智賀津神社(ちかずじんじゃ)の紹介です。

智賀津神社(ちかずじんじゃ)

さくら市(旧氏家町)中心市街地の東部、国道293号沿いのニッカウヰスキー栃木工場の西に、鎮座します。

案内地図

由緒

狭間田から奥州街道、弥五郎坂一帯の原野が開発され、狭間田新田が出来たのは、西暦1639年(寛永16年)の頃で、開拓者は板戸村(現宇都宮市)から移住した人たちなので、郷里の智賀津神社を喜連川丘陵の中腹に、祀ったのが始まりと伝わります。

智賀津神社は、日光山大明神との関係が深い神社とされていますが、明治になり祭神は事代主命とされ村社に指定されました。

祭神は、事代主命 境内社:稲荷神社・浅間神社

一の鳥居

さくら市狭間田智賀津神社一の鳥居

二の鳥居

さくら市狭間田智賀津神社二の鳥居

拝殿

さくら市狭間田智賀津神社拝殿

さくら市狭間田智賀津神社データ

所在地栃木県さくら市狹間田2879
称号智賀津神社
駐車場なし(参道に可能)

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,