千代ヶ岡八幡宮「栃木県真岡市久下田」

   

栃木県真岡市久下田の、千代ヶ岡八幡宮の紹介です。

千代ヶ岡八幡宮

真岡市中心市街地の南西部にあり、旧二宮町の北西部、国道294バイパス久下田4丁目交差点を西進約50メートルを北進しJAはがの隣接地の杜に鎮座します。

案内地図

由緒

西暦1183年(寿永2年)に、荒針兵五清正が代々の守護神八幡大神を、現在の宇都宮市荒針からこの地に勧請して創建したと伝わります。
創建時に白鶴が三日間飛来した瑞兆にあやかり,鶴は千年の千代に因んで千代ヶ岡と称することとなったと言われています。

主祭神は、譽田別命(ほむたわけのみこと)

鳥居

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮鳥居

参道

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮参道

拝殿

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮拝殿

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮拝殿2

社務所

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮社務所

本殿覆屋

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮本殿覆屋

本殿

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮本殿

栃木県真岡市久下田千代ヶ岡八幡宮データ

所在地栃木県真岡市久下田 1692
称号千代ヶ岡八幡宮
駐車場あり

 

 

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 歴史探訪 ,