ロマンチック村と長岡百穴

   

週末から引き続き、栃木県内の小旅行に明け暮れております。

本日は、県都宇都宮の北部に位置します、道の駅ロマンチック村に行って来ました。

昨日は、梅雨寒で温泉が非常に恋しく思いましたが、打って変わって本日は、真夏の様な気温に成りましたね。

道の駅ロマンチック村

自宅を出て芳賀町方面から宇都宮環状道路、通称「宮環」を利用して長岡町から自動車専用道路の国道119号で東北自動車道宇都宮インターチェンジより国道293号線を鹿沼方面へ約5分で着きました。
目的地の方向は解りやすいのですが、インターチェンジ付近の側道を通過しますので、東北自動車道宇都宮インターチェンジに行く道路なのか、日光宇都宮道路に行く道路なのか、側道なのか初めて行くと解りづらいです。
道の駅は、宇都宮市新里町にあります。

46haの広大な敷地

46haの広大な敷地に森のエリア、里のエリア、集落のエリアで構成されております。
平成8年9月にオープンして平成24年9月には、市内初の「道の駅ロマンチック村」に認定されました。

第二火曜日は定休日

妙に駐車場が空いているなと、思いながら駐車場に侵入して駐車しました。
そして気づいたのです、本日は第二火曜日です、月に一度の定休日でした。

ロマンチック村1

ロマンチック村1

温泉付き

温泉博士で、入浴できると思ったのですが残念です。考え方を変えれば、これほど残念では有りませんね、客が誰もいなくて空いていて、愛犬の散歩には最適です。

ロマンチック村2

ロマンチック村2

ゆったり愛犬と散歩

公園内を、清掃作業員の邪魔にならない様にしながら、優雅に散歩しました。

森のエリアを、途中まで上りましたが、気温上昇と共に汗が止まりません、温泉が休みですから汗をかいても流せませんから、途中で断念しました。

1時間程度では、とても回りきれない広さです、お子様連れで一日中遊んで、帰りに温泉入浴すれば、リフレッシュ出来ますね。

長岡百穴

つぎは、来た道を戻り宇都宮市長岡町の長岡百穴に立ち寄りました。
室町時代に刻まれたと言う横穴(西群8基・東群44基)があり栃木県指定文化財です。
駐車場も数十台分整備されておりますから、車で言っても安心です。

長岡百穴1

長岡百穴1

西群8基の一部の岩の上で記念撮影しました、穴の中も公開してます。

長岡百穴2

長岡百穴2

長岡百穴3

長岡百穴3

右側の東群44基の画像です。

長岡百穴4

長岡百穴4

軽石凝灰岩は滑らないので安全です。

訳はわかりませんが、見学者は一人もいませんでしたが、駐車場には半分程度の車両が駐車して有りました。

スポンサーリンク

 - 小旅行 ,