星宮神社「栃木県市貝町赤羽」

   

栃木県芳賀郡市貝町赤羽の、星宮神社(ほしのみやじんじゃ)の紹介です。

星宮神社

市貝町の南部にあり、県道61号の真岡市とほど近い、食品雑貨店のT字路を西進、約300メートルの農道を北進突き当たりに鎮座します。

案内地図

由緒

西暦1772年(安永1年)に、悪疫が蔓延し多数の死者を出した為、赤羽の鹿島神社末社の星宮神社を勧請し、悪疫退散並び、村内安全を祈願して、創建したと伝わります。

祭神は、磐裂神・根裂神

鳥居

市貝町赤羽星宮神社鳥居

拝殿

市貝町赤羽星宮神社拝殿

本殿覆屋

市貝町赤羽星宮神社本殿覆屋

本殿

市貝町赤羽星宮神社本殿

市貝町赤羽星宮神社本殿側面

市貝町赤羽星宮神社データ

所在地栃木県芳賀郡市貝町赤羽176-10
称号星宮神社
駐車場あり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,