ましこ世間遺産「認定No.42黒石の巨石群」

   

栃木県芳賀郡益子町小宅(おやけ)の、黒石の巨石群の紹介です。

益子町では、地域の隠れた史跡や風習などに光を当てるため「ましこ世間遺産」と称して、認定を2017年から行っています。
黒石の巨石群は、42番目の認定になります。

黒石の巨石群

黒石の巨石群は、火山岩の安山岩で出来ており、火山の噴火により溶岩が流れ出し、やがて固まって出来ました。

この地の、地質は安山岩と堆積岩の境目となり地表に突出しており、道路から見ることが出来ます。

益子町の北部の小宅地区の国道294号の旧小宅小学校跡地入り口の小宅交差点を、茂木町天子方面に進み、天子方面と大平地区の分岐点の手前の道路沿いに、ましこ世間遺産の表示板が立って居ます。

黒石の巨石群表示板

黒石の巨石群1

黒石の巨石群2

黒石の巨石群3

案内地図

黒石の巨石群のデータ

所在地栃木県芳賀郡益子町小宅
名称黒石の巨石群
駐車場なし

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - 益子町案内