道の駅マルメロの駅ながと利用記録「長野」

   

長野県小県郡長和町の、

の利用記録情報です。

道の駅マルメロの駅ながと

長和町は、上田市から山梨県茅野市方面に抜ける国道152号と、和田峠を越えて諏訪湖方面に抜ける国道152号があり、道の駅は国道152号沿いに立地します。

道の駅にながとと付いているのは、和田町と長門町が合併して長和町となり、旧長門町に立地するため「ながと」の名がのこりました。

マルメロは、この地方の特産「かりん」がマルメロに似ているためマルメロと命名されたとか。

駅舎(商工会館)

道の駅マルメロの駅ながと駅舎

こちらの道の駅は、一般的な特産物販売所兼道の駅駅舎ではなく、各販売施設が集まるモール状態の道の駅になります。

代表する道の駅の駅舎は、商工会館の事務所が、道の駅駅舎となります。

 

菜の花館

道の駅マルメロの駅ながと菜の花館

加工食品の販売施設では、主に漬け物を販売しています。

レストランかりん亭

道の駅マルメロの駅ながとかりん亭

兎角ありがちな、閉店時間が午後5時という食事処では、着いていざ食事と思うと閉店ですが、こちらのレストランかりん亭は、午後10時まで営業しています。道の駅直営でないメリットが如実に表れていますね。安いし、新鮮だし、とても利用しやすいレストランだと思います。

長門温泉やすらぎの湯

道の駅マルメロの駅ながと長門温泉やすらぎの湯

隣接して、(画像奥中央の建物)天然温泉の長門温泉やすらぎの湯があります、道の駅の駐車場に停めて歩いて行けます。露天風呂には、岩風呂の他に、実際に和紙をすくときに使用していたと言う、はがまを利用した、はがまの風呂があり大空を見ながら、はがまの天然温泉に浸かるのは何とも至福の時です。

その他、オーガニック食品や甘味のお土産店、地元農産物販売店、コンビニエンスストアがあり大変便利に利用出来ます。

利用回数と利用形態

昼間と夜間の利用で、複数回利用しました。

案内地図

施設情報

所在地長野県小県郡長和町古町2424番地19
電話0268-68-0006
休館日年末年始12月29日~1月3日
開館時間観光案内所 9:00~17:00
レストラン 11:00~22:00
温泉 10:00~22:00
駐車場大型15台トイレ女13器軽食コーナーあり
駐車場普通41台トイレ男大小11器レストランあり
車椅子駐車3台道路・観光情報あり物産店あり

周辺施設

長窪城跡

長久保宿

星くずの里たかやま黒耀石体験ミュージアム

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 利用道の駅関東甲信越