長田神社「栃木県下野市」

   

栃木県下野市の長田神社の紹介です。

長田神社(ながたじんじゃ)

北関東自動車の南で、道壬生インターチェンジの東です、県道71号壬生おもちゃのまちの工業団地の東端の交差点を南進、北関東自動車道を潜り、約200メートルに鎮座します。

長田神社案内地図

長田神社由緒

この地は、平安時代末期から農耕により開発され、戸々繁殖して、実り住民の生命は富みました。その後、徳川参内総軍家光公の時代、寛永年間に耐火災があり、全て焼失しました。住民の協力により、火伏の神として火産霊神を奉領して天変地変はなくなり住民は安堵したと伝えられています。
明治5年大政官布告により愛宕神社となり、大正時代に長田神社と改称しました。

長田神社鳥居

下野市長田神社鳥居

下野市長田神社拝殿

下野市長田神社拝殿

長田神社データ

所在地栃木県下野市下長田440
称号長田神社
駐車場あり(境内前あきスペース)

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,