雷電神社「栃木県下野市」

   

栃木県下野市の雷電神社の紹介です。

雷電神社

下野市の西部にあり、国道4号と県道352号交差点の西側にあり、県道352号の姿川の手前の、ゆうがおパークを南進むと、鎮守の森が見えてきます。

案内地図

雷電神社由緒

この地は、薬師寺国分寺と共に早くから開かれた、地方と言われ、孝謙天皇が東国に行幸されたときの内裏領(ないだいりょう)が、後に大領(だいりょう)と呼ぶようになったと言われています。
数百年前、旧暦の6月22日に当地を中心に、大雷雨があり22箇所に落雷があり被害を受けました。
そこで住民が協力して、雷神を祀り心霊を安じたため、その後天変はなくなり、安心して暮らせるようになったと言われています。

雷電神社鳥居

下野市雷電神社鳥居

雷電神社拝殿

下野市雷電神社拝殿

下野市雷電神社データ

所在地栃木県下野市中大領
称号雷電神社
駐車場あり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,