相宮神社「栃木県真岡市京泉」

   

栃木県真岡市京泉の相宮神社(そうみやじんじゃ)の紹介です。

相宮神社

栃木県真岡市の北部にあり、国道121号の北側で真岡市北運動場とのほぼ中央に位置し、で五行川の東側の田園地帯の集落のそばに鎮座します。

案内地図

由緒

創建は、西暦898年(昌泰1年)と古い歴史を有しています。江戸時代までは、三宮大明神と称し、明治維新以降に相宮神社と改称しました。
1908年(明治41年)に社殿を新築して現在に至るとのことです。

主祭神は、伊弉諾命・伊弉冊命

鳥居

栃木県真岡市京泉相宮神社鳥居

神楽殿

栃木県真岡市京泉相宮神社神楽殿

境内社

栃木県真岡市京泉相宮神社境内社

拝殿

栃木県真岡市京泉相宮神社拝殿

本殿・本殿覆屋

栃木県真岡市京泉相宮神社本殿

栃木県真岡市京泉相宮神社本殿

栃木県真岡市京泉相宮神社データ

所在地栃木県真岡市京泉876
称号相宮神社
駐車場あり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪