大郷戸廃寺跡五輪塔「栃木県益子町」

   

栃木県芳賀郡益子町大郷戸の、大郷戸廃寺跡五輪塔の紹介です。

大郷戸廃寺跡五輪塔

益子町の南部にあり、益子町立田野中学校と田野郵便局の通り県道257号を東方、荒町公民館の東約200メートルの角の南進約1.5キロメートルに立地します。

益子町大郷戸五輪塔群正面

案内地図

概要

大郷戸五輪塔群は、行灯峰(背面の山)の中腹にあり、鎌倉時代から室町時代にかけて建立されたもので、当時この地方を支配していた、益子氏の墓と云われています。
当時五輪塔の直ぐ北の隣接地に、寺院(大郷戸廃寺)がありました。
その東には、茨城県大和村(現桜川市)から茨城県岩瀬町(現桜川市)の富谷観音を通り、尾根沿いに益子町大郷戸(現地)を抜けて、益子町の西明寺や地蔵院に行ける道がありました。

太平洋戦争後、食糧増産のため行灯峰(背面の山)中腹より、下が解放になり開墾され畑地と成りました。
その時多くの五輪塔が発見されましたが、畑の土留めに使われ、西暦1960年(昭和35年)の、大雨により土砂崩れをおこし、多数の五輪塔と火葬骨が入った瓶子が現れました。
そのうち、五輪塔1基と瓶子は供養のため、上山地区の普門寺に納められ、供養されました。

地元でも、五輪塔を5基を大郷戸廃寺跡の1角に建立、後に東の山すそに建立して供養しました。
しかし、いくつかの五輪塔が持ち去られ、残った五輪塔は再び、土留めに使用されたり、土中に埋められました。
その後、これらの畑は傾斜地のため、耕作放棄され荒れた畑となりました。

西暦1996年(平成8年)から2年かけ、町教育委員会が中心となり、発掘を行い以前供養したものや、散在したものを集め供養しました。

発掘調査の結果、5基の五輪塔の他に地輪20基、水輪3基、火輪21基、空風輪20基が確認できました。

関連記事

普門寺と田野城跡(田野陣屋跡)

益子古城跡と高館山城跡

富谷観音

地蔵院(じぞういん)

尾羽館(綱神社・大倉神社)

益子町大郷戸五輪塔群入り口石碑(石柱)

益子町大郷戸五輪塔群入り口石柱

竹の子わらびの里の標記のある石柱の角を上ります。
上の画像の、背面に一般乗用車用の駐車場があります。

益子町大郷戸五輪塔群駐車スペースとトイレ

益子町大郷戸五輪塔群駐車スペースとトイレ

軽自動車一台がやっと通れるくらいの、路幅の道を上ると、駐車スペースとトイレがあります。

益子町大郷戸五輪塔群入り口歩道

益子町大郷戸五輪塔群入り口歩道

益子町大郷戸五輪塔と各輪

益子町大郷戸五輪塔群左方

益子町大郷戸五輪塔群右方

69基ありました。

益子町大郷戸五輪塔データ

所在地栃木県芳賀郡益子町大郷戸
名称益子町大郷戸五輪塔群
駐車場あり
トイレあり

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪