高龗神社(たかおじんじゃ)「さくら市上阿久津」

   

栃木県さくら市上阿久津の、高龗神社(たかおじんじゃ)の紹介です。

高龗神社(たかおじんじゃ)

さくら市の南西部にあり鬼怒川東岸の県道125号(旧奥州街道)沿い、上阿久津交差点を北上約500メートルに鎮座します。

道路拡張工事のため、参道を貫通しており参道が分断されています。虚しさを感じます。

案内地図

由緒

天候を支配する神が

神で、天空や地の底、闇の中にいる神々たちの集団です。
雷神・竜神・水神などとなって人々に信仰されてきました。
上阿久津の高龗神は、鬼怒川と関係の深い水神(龍神)信仰が原点と考えられています。
10月19日の大祭には、古法による強く発酵させた甘酒と生の川魚を一緒に供え、それを頂く古式の神事が伝承されています。

一の鳥居

さくら市上阿久津高龗神社一の鳥居

分断された参道から見下ろした一の鳥居。

二の鳥居

さくら市上阿久津高龗神社二の鳥

三の鳥居

さくら市上阿久津高龗神社三の鳥

拝殿

さくら市上阿久津高龗神社拝殿

本殿

さくら市上阿久津高龗神社本殿

境内社

さくら市上阿久津高龗神社境内社

境内を分断している道路が左端に見えています。

さくら市上阿久津高龗神社データ

所在地栃木県さくら市上阿久津1905
称号津高龗神社
駐車場あり(一の鳥居脇にスペース)

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,