観音院「茨城県筑西市」

   

茨城県筑西市森添島の、正法山観音院の紹介です。

正法山観音院

筑西市の北西部にあり、県道204号沿いの工業団地の東側に、立地します。

由緒

天台宗安楽院の支院で別名「律院」と言い、檀家を持たない寺院です。

西暦1810年代(文化年間)火災に遭い消失しましたが、西暦1862年(文久2年)井沼村の旗本鵜殿氏の命で、住職の妙運和尚が現在地に建立しました。

本堂

本堂は方形造(ほうぎょうづくり)木造平屋瓦葺で、主に欅材を用い、桁行五間、梁間五間、前面二間を外陣、奥三間を内陣としますが結界には建具を入れていません。

筑西市観音院本堂

筑西市観音院本堂2

庫裏

境内にご婦人(住職夫人)がいましたので、拝観のご挨拶をしたところ、住職夫人のご友人と今からお茶を飲むので、一緒にどうかとの誘いを受け、喜んで頂くことにしました。

筑西市観音院庫裏

筑西市観音院庫裏の玄関

気さくで、お話のお好きな方で、色々な事をお伺いできました、檀家を持たないでどうやって維持するのかと良く聴かれるとか、さくらの開花時期は、大勢の見物客が来るとか楽しく過ごせました。

そして、お茶を頂いていると、灯油ストーブの上に鍋があり、良い香りを漂わせています。

そして、そろそろ出来たから、食べなさいとだしてくれました、しかも大盛りです。

筑西市観音院庫裏の玄関でぶり大根

ぶりカマを柔らかく煮込み、フワフワにとろけるような食感に仕上げ、薄めの味噌は素材の風味を壊さない絶妙な味付けでした、この年になるまで、この味のぶり大根を食べた記憶がありません。

住職夫人大変ありがとうございました、また寄りなさいと言われて嬉しくなり、お暇しました。

観音院データ

所在地茨城県筑西市森添島1107-1
電話0295-24-4081
称号正法山観音院
宗派天台宗
駐車場あり

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,