川西神社「栃木県下野市」

   

栃木県下野市の、川西神社の紹介です。

川西神社

下野市の国道4号と県道44号の小金井北交差点を西進して栃木市方面に進み、姿川を渡り終えたところの県道沿いに鎮座します。

川西神社案内地図

川西神社由緒

平安時代末期に川中子村は戸々繁殖し、開拓の租神を祀りました。明治の大政官布告により神仏分離し、星宮神社と称し、西暦1916年(大正5年)9月22日栃木県知事の許可を得て、川西神社と改称しました。

同日字内に散在鎮座する大塚愛宕神社・海老内愛宕神社・大塚稲荷神社・剣宮神社を合祀しました。

西暦1873年(大正6年)3月、社殿改築竣工、同六月には境内社、千勝神社・雷電神社・為朝神社・大杉神社・琴平神社・水神社を合祀しました。

川西神社鳥居

下野市川西神社鳥居

下野市川西神社拝殿

下野市川西神社拝殿

川西神社データ

所在地栃木県下野市川中子2165-1
称号川西神社
駐車場あり(スペース)

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 歴史探訪 ,