フォグランプのグレア対策

      2017/03/05

 先日、ヘッドランプ PIAAを紹介しましたが。

凄いフレア光の大陸製フォグランプ

 今回は、大陸製フォグランプのhid35Wでかなりの安物です、缶コーヒー10本の方が高い、まずはバーナーをフォグランプ本体に装着する前に、外で配線だけ繋いで仮点灯します。

装着前に空焼き

 空焼きですね、そうしないとレンズ内に黒い粉のような物体が付着してしまいますレンズを外さないと、とれませんから、注意しましょう。
クリーニングには殻割りが必要になります、ご注意を願います。

グレア対策

 点灯したら、割と明るく感じるが、道路標識をまともに照射これでは、はた迷惑ですから対策をしました。
 アルミ缶をこのようにカットしてフォグランプのカバーを外して
 フォグランプのカバーを戻す

カットラインがクッキリ

これにて完成です、前方数メートルの所(路面)に、綺麗な丸いカットラインがクッキリでました。
そして、道路標識や大型トラックの運転手に向けて照射していた光が、極めて少なくなりました。
グレア光が緩和された証です。
これぞまさしく、究極のカスタムです。

あとがき

無塗装のままでも構いませんが、一応黒く塗装したほうが良いようです。

関連記事

PIAA取り付け

大陸製HIDを実験その1

大陸製HIDを実験その2

大陸製HIDを実験その3

大陸製HIDの雨漏り対策

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

 - 改造記録 ,