スクーターDioメンテナンス|2019年シーズン

   

暖かくなり、二輪車の季節となりましたね。全身に心地よい風を受けて走るのは最高の気分です。

今回は、2019年シーズン最初のメンテナンスとして、エンジンオイル交換、フロントフォークブーツ交換、ワックスを掛けました。

エンジンオイル交換

2018年シーズンのオイル交換時の走行距離は、14300kmで今回交換時の走行距離は、16701kmと約2400kmも走行してしまいました。

毎回1000km~1500kmを目安に交換していましたが、昨シーズンは乗りすぎました。

そして、今回用意したエンジンオイルは、二輪車用のカストロールGO 10w-30 825円と安価なエンジンオイルにしました。

因みに、原付スクータの場合は、二輪用のエンジンオイルで無くても問題はありません。
マニュアル車では無いため、Dioの場合、ギヤオイル兼用になっていないためで、四輪車用のエンジンオイルでも問題ありません。

交換手順

メインスタンドを立て、17mmのBOXレンチで外します。

1Dioエンジンオイル交換2019

お菓子の箱に新聞紙を敷いて、オイル受けにします。

ドレンコックを外すと中から、バネとフィルターが出てきます。

使用済みのエンジンオイルを気長に排出します。

2Dioエンジンオイル交換2019

フィルター→バネ→ドレンコックの順で再装着します。

不純物を洗浄スプレーで良く洗い流します。

バネの巻きの小さい方が奥側で、巻きの大きい方が外側です。

3Dioエンジンオイル交換2019

0.7Lが規定量です。

平らな場所にメインスタンドを立てた状態で、オイルゲージ(オイルキャップ)で確認します。

オイルキャップをねじ込まないで差し込んだ状態が正規の量です。

フロントフォークカバー交換

昨シーズンに左側のみ交換しましたが、同時に交換すべきでした。

右側も、破けました。

左右セットで購入していましたので、発見後速やかに交換可能でした。

大陸製の左右セットで487円と安価なパーツは、直ぐに破れそうですが、少なくても昨年交換しているので1年は使えます。

1Dioフロントフォークカバー交換2019

交換手順

ブーツの下の方をナット部分から外側に外して、後ろ側にブーツ全体を90度廻して、ナットを緩め安くします。

17mmのレンチでナットを外します。

左側からボルトが差し込んであるため、全部抜かなければホイールが脱落せず、スタンドや転倒防止の金物は不要です。

2Dioフロントフォークカバー交換2019

ブーツの内側とスペーサーのホイール側に少量のグリースを塗布しました。

3Dioフロントフォークカバー交換2019

ナットを復旧して完了です。

4Dioフロントフォークカバー交換2019

ワックスかけ

一通りメンテナンス作業が終わりましたので、水拭きをした後、カーワックスを入念に掛けました。

虫の死骸はこびりつき、水拭きだけでは良く落ちません。

バッテリー

2018年シーズンに、大陸製の999円送料込みのバッテリーに交換しました。

1シーズンで役目を終えると思っていましたが、なんと今シーズンになってもセルモータを廻す力が残っていました。

一昨年に購入した台湾ユアサ3000円超は一年で終わりましたので、凄く得した気分です。

たまたま、当たりクジを引いただけか?。

今シーズン最後まで使用出来たらまた同じバッテリーを購入しましょう。

スポンサーリンク

Feedly

follow

 - dioメンテナンス