ましこ世間遺産「認定No.4 源頼朝の弟阿野全成の墓と大六天の森」

   

栃木県芳賀郡益子町上大羽の、源頼朝の弟阿野全成の墓と大六天の森の紹介です。

益子町では、地域の隠れた史跡や風習などに光を当てるため「ましこ世間遺産」と称して、認定を2017年から行っています。
源頼朝の弟阿野全成の墓と大六天の森は、4番目の認定になります。

源頼朝の弟阿野全成の墓と大六天の森

鎌倉幕府の源頼朝の弟の阿野全成とその従者のものと伝えられる五輪塔(墓石)大六天の森(旧大羽小の学校北側林)に現存します。

源頼朝の弟阿野全成の墓

益子町中心市街地の東部にあり、西明寺のある高館山の東の地区が上大羽になり、大六天の森は旧大羽小学校の跡地の北側に立地します。
旧大羽小学校の跡地は現在、福祉施設(友愛作業所)が使用中ですが、跡地を見学者の駐車場として利用可能です。

案内地図

大六天の森案内1

大六天の森案内2

源頼朝の弟阿野全成の墓と大六天の森データ

所在地栃木県芳賀郡益子町上大羽
名称大六天の森
駐車場あり(旧大羽小学校跡地)

スポンサーリンク

 - 益子町案内